2019年11月07日

2018年:AIパワー意思疎通の年(1)


2018: The Year of AI-Powered Communication
2018年:AIパワー意思疎通の年


Devon Delfino
デボン・デルフィーノ著

Updated on December 5, 2018
2018年12月5日更新

TRENDS
傾向

Every year brings with it new innovations to be mastered and new challenges to tackle. This year was no exception: From big tech’s various trials at Capitol Hill to the ever-increasing union of written and visual communication, there were a lot of tabs to keep open. But when it comes to writing technology, this is clear: It was a year of artificial intelligence-powered tools and features.
毎年、マスターされる新革新とタックルすべき新挑戦をもたらします。 今年も例外ではありませんでした:キャピトル・ヒルにおいての大きい技術系の種々のお試しから書面およびビジュアル情報伝達の常に増加する結合まで、公開しておくべき多くのタブがありました。 けれども技術を書く話になると、これは明確です:それは人工知能の力で動くツールと機能でした。

That said, it’s difficult to understand the full scope of the technology that’s been developed of late.
とは言え、最近開発された技術の全容を理解することは難しいです。

“As a whole, AI is so misunderstood that people almost have this sci-fi mentality. When they hear AI, they think the things they’ve seen in the movies and that’s the stuff that’s hyped up,” says Paul Roetzer, founder of the Marketing Artificial Intelligence Institute. “Like, that’s not real, the real stuff is these very narrow uses of AI that are built to be very specific things, like improving the content you’re writing or devising subject lines.”
「全体として、AIは非常に誤解されているので、人々は、ほとんどこのサイエンスフィクション心理を持っています。 彼らがAIと聞くとき、彼らは映画で見られているもので、誇大宣伝であるものと考えています。」とマーケテイングAI協会の創設者pポール ロイツアーが言い、「それは、本当ではないが、あなたが書いている内容を改善すること、あるいは主題の数行を考案している内容を改善するような非常に特定のことであるための構築されるAIのこれらの非常に狭い使用が実体です。」と言います。

And for that kind of AI, which is sometimes referred to as machine learning, it’s been a time of rapid growth. Here’s an overview of the biggest writing-technology trends from the past year:
そして時々機械学習として参照されるその種類のAIのために、それは(今まで)急成長の時でした。 ここにこれまでの1年間からの最も大きい執筆技術傾向の概観があります:


=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:08| 千葉 ☀| Comment(0) | 人工知能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191107

今日の先端技術情報20191107

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

マルチモーダル学習がAIビジネスの未来=米ABIリサーチ

AI新聞=AI Weekly=

米調査会社ABIリサーチ社は、マルチモーダル学習がAIビジネスの未来だとする記事を発表した。マルチモーダル学習とは、複数の種類のデータを使ってAIが学習 ...


グーグル AI活用の新型スマホ発表 手を触れずに操作も

www.fnn.jp

グーグル ハードウエア事業・織井賢氏は、「ハードウエア・ソフトウエア・AIを組み合わせることで、暗いところでもきれいに撮れる。AIとソフトウエアとハードウエアを ...


人とコンピューターの共生はAIよりも大きな変革に--ティム・オライリー氏

ZDNet Japan

例えば、現在の人工知能(AI)は、O'Reilly氏の出版社が出版してきた書籍で詳しく記録されてきた新たな動きである、オープンソースソフトウェア革命よりも大きな ...

ブロックチェーン

「デジタルドル」提案、ブロックチェーン方式で:米CFTC元議長

コインデスク・ジャパン

米商品先物取引委員会(CFTC)の元トップ2名が、政府認可のブロックチェーン方式のデジタルドル構想を提案している。 ウォール・ストリート・ジャーナルの10月15 ...


アーンスト・アンド・ヤング、公的資金の透明性と説明責任を改善するブロックチェーンツールをローンチ

コインデスク・ジャパン

プロフェッショナル・サービス大手のアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young:EY)はブロックチェーン技術を使って、政府が公的資金の管理の透明性と説明責任 ...


リブラと中国のデジタル人民元は台湾で「合流」できる:フォックスコン創業者

コインデスク・ジャパン

だが同氏の発言には、ブロックチェーン技術の普及と教育を促進するために、より大きな役割を果たすという野心が隠されていた。 スピーチの中でゴウ氏は、台湾 ...

仮想通貨


[独自]米NBAに仮想通貨進出|50兆円規模の全米スポーツ市場・ドル箱市場の中国にも影響か

株式会社CoinOtaku (プレスリリース) (ブログ)

アメリカのNBA(National Basketball Association)チーム・サクラメントキングスが、仮想通貨玩具を販売するCryptKaijuと連携して仮想通貨グッズを販売すること ...


仮想通貨ビットコイン、サイドチェーンによって83億円分が使えない状態に【ニュース】

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

次いで、ビットコインに裏付けされたイーサベースの仮想通貨ラップドビットコイン(WBTC)が571BTC、2018年10月に開始したブロックストリーム社のリキッド ...


仮想通貨で税金の支払いが可能に!バミューダがステーブルコインの受け入れ開始

株式会社CoinOtaku (プレスリリース) (ブログ)

北大西洋のバミューダ諸島政府は政府への支払いに仮想通貨を受け入れると発表した。 法定通貨を保有しなければいけない理由の1つだった「税金が支払え ...

 

=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================



.

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:02| 千葉 ☀| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする