2019年10月29日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(5)


The GDPR part
GDPR部

The complete official GDPR document can beconsultedfreely on the internet. The term ‘erasure’ and ‘erase’ are found 12 times in this document at the time of this writing (the website offers an easy search method).

完全な公式の GDPR ドキュメントは自由にインターネット上で相談することができます。 「抹消」と「削除」という用語はこの執筆の時点でこのドキュメントで12回見いだされます。(ウェブサイトは容易な検索方法を提供します)

An important aspect of GDPR on blockchain is the fact that personal data is not to leave the EU. This is a major problem withpublicblockchains, since there is no control on who hosts a node. This is less an issue when it comes toprivateorpermissionedblockchains. To tackle this problem,IPDBset up a foundation that could insure data stays in the EU because it is public accessible (client) but permissioned hosted (node) blockchain.

ブロックチェーン上の GDPR の重要な局面は個人情報がEUには残さないという事実です。これは公開ブロックチェーンで大きな問題ですなぜなら、誰がノードの主人役を務めるかについて、コントロールがないからです。 これは - 私的 あるいは認可されたブロックチェーンの話になるとそれほど問題ではありません。この問題に取り組むため、 IPDB は、それが公共のアクセス可能な(クライアント)だが 認可され主催された(ノード)ブロックチェーンであるから、EUでのデータ滞在に保険を掛けることができる財団を設立しました。

There is also aseparate section − Art. 17 − on ‘Right to be Forgotten’. This concept is clearly an important one regarding ‘erasure of data’. However, not anywhere in the document, not even in thedefinitions part − Art. 4 − is there any explanation of what the termerasure of dataactually means.
同じく「忘れられる権利」についての別個のセクション「17条」 があります。 この概念は「データの抹消」に関して明らかに重要なものです。 しかしながら、ドキュメントのどこにも、4条の定義の部分にも、用語「データの抹消」 が実際に何を意味するかのいかなる説明もありません。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:18| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191029

今日の先端技術情報20191029

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI


文章を正しく理解できない人がAIに負ける理由

東洋経済オンライン

AIの力を世に示した新井氏が、なぜ読解力の重要性を説くのか。それはAIの弱点も知るからだ。実は東ロボでは、東大合格が難しいという判断に至った。国語や ...


文章を正しく理解できない人がAIに負ける理由

東洋経済オンライン

AIの力を世に示した新井氏が、なぜ読解力の重要性を説くのか。それはAIの弱点も知るからだ。実は東ロボでは、東大合格が難しいという判断に至った。国語や ...


東芝、AIで列車の遅延予測

日本経済新聞

東芝は、鉄道のダイヤの乱れのリスクを人工知能(AIを使って予測するシステムを開発した。1つの列車の遅延が他の列車に影響を与える2次遅延の発生確率 ...

仮想通貨


スイスフラン建ての初の仮想通貨ETPをローンチ:スイス証券取引所

コインデスク・ジャパン

スイス証券取引所(SIX)に、また新たな仮想通貨ベースの金融商品が登場する。 フィンテック企業のアムン(Amun)と仮想通貨サービスを提供するビットコイン・ ...


ライトコイン創業メンバーのフランクリン・リチャード氏にインタビュー BEAM提携の背景など

みんなの仮想通貨

その一年ぐらい前にビットコインについて聞いたことがあったのですが、「30ドルぐらいの価値がある仮想通貨というものがある」と聞いていました。なぜモノに価値 ...


「ビットコイン市場は機関投資家には小さすぎる」トム・リー氏が語る、投資を妨げる障壁

https://www.lecotox.net/news

おそらくアメリカ人の1%がビットコインを所有していると思いますが、その規模では機関投資家にとっては小さすぎて趣味の範疇を出ません」. 仮想通貨界の著名 ...


IOT

「5GがひらくIT経営・IoT・先端ITの商機と勝機:ビジネスと電波の新たな潮流の乗り方・つかみ方・展望 ...

PR TIMES (プレスリリース)

私たちの暮らし・ビジネス・グローバル化・5Gが加速させる人工知能・IoT・第4次産業革命・コネクティッドインダストリー・先端ITとこれからの展開・法律で導いた「 ...


グローバル電子、センサ・IoT機器の研究や開発を行う新拠点「技術開発センター」を開設

IoTNEWS (プレスリリース)

グローバル電子グループでは、2016年から「センサ技術とアナログ技術をクリエイトする」をスローガンに掲げ、介護・医療機器、IoTなどに対応するセンサ製品の ...


2019:衛星対応のIOT市場業界の概要,販売,収益,アプリケーションと分析

ヤマガタ人材新聞 (ブログ)

衛星対応のIOT Industry 2019グローバルマーケットリサーチレポートは、衛星対応のIOT の市場規模、成長、シェア、セグメント、メーカー、テクノロジー、主要 ...

=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================


.

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:06| 千葉 ☔| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする