2019年10月28日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(4)


Instead, operations on blockchain can be described as CRAB:Create-Retrieve-Append-Burn.This concept of ‘CRAB’ is invented by the folks fromBigChainDB. TheCreateandRetrievedon’t need explanation. TheAppend,which replacesUpdate, means that you can only appendnewtransactions to a blockchain technology, therefor changing the ‘world state’ (sum of all past events/transactions up until now). According to BigChainDB, theBurnoperation in CRAB means that youthrow away the encryption keys, so you are unable toAppendnew transactionsand change the world-state any further of this asset.
その代わりに、ブロックチェーンのオペレーションはCRABと記述されることができます: つまり作成、検索、付加、焼却です。 「CRAB」のこの概念はBigChainDBの人々によって発明されます。 作成 と 検索は説明を必要としません。 更新に取って代わる 付加 は、ブロックチェーン技術に新しい取引を付加しかできないことを意味します。そのために、あなたが「世界の状態」(今までのすべての過去の出来事 / 取引の合計)を変更します。BigChainDB によれば、CRABの焼却オペレーションはあなたが暗号化キーを廃棄することを意味し、それであなたは新しい取引を付加して、そしてさらにそれ以上この資産の世界の状態を変えることができません。

Instead offorgettingyour encryption key, you can also set the transaction to an “unsolvable” private keyby choosing a completely random public key, thereby locking yourself and everyone else out. When using the CRAB terminology on other blockchain technologies, you could also − for example − interpret theBurnoperation asthrowing away encryption keys so you are unable to decrypt the actual datathat is written on a blockchain technology. But we will come back to this.
あなたの暗号化キーを忘れる代わりに、あなたは、それによってあなた自身とほかの皆をロックアウトして、完全に任意の公開キーを選ぶことによって、同じくトランザクションを「解決不可能な」秘密キーにセットすることができます。 他のブロックチェーン技術でCRAB専門用語を使うとき、あなたは− 例えば − 焼却オペレーションを暗号化キーを廃棄していると解釈し。それで、あなたがブロックチェーン技術の上に書かれる実際のデータを解読することができません。 けれども我々はここに戻ってくるでしょう。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191028

今日の先端技術情報20191028

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ビッグデータ


スパコン「京」が開いた分子シミュレーション研究の扉

週刊医学界新聞

こうして得たデータの研究者への還元も意義深いと考えます。 ... C―CATに集まるビッグデータと「富岳」の計算能力を活用し,少しでも多くの人を次の治療に ...


ヤフー検索ビッグデータで判明!マンション立地注目上昇度ランキング

ダイヤモンド・オンライン

住みたい街」と「実際に住める街」は違う。年収や価格などの条件から現実に購入できる物件には制約があるからだ。では、それらを踏まえた「リアル」に人々が ...


デンソー、“個”のデータから“系”を知るデータ分析能力を競争力の源泉に

日経xTECH

同氏のいうデータリテラシーとは、「目の前のデータを読み取り、次の分析アクションにつなげていく能力」(同氏)。同社では、ッグデータやIoT(Internet of Things) ...


仮想通貨


リップルの投資部門スプリング、すべてのアプリに統合可能な仮想通貨・法定通貨支払いプラットフォームを ...

コインデスク・ジャパン

リップルの投資部門スプリング(Xpring)は、開発者がどんなアプリケーションにも法定通貨と仮想通貨での支払いを組み込むことを可能にするプラットフォームを ...



改正資金決済法がもたらす暗号資産(仮想通貨)課税への影響

みんなの仮想通貨

現在は各国が暗号資産(仮想通貨)に関する法規制を進めており、日本国内においては2017年に施行された「改正資金決済法」と、内閣府令案とガイドライン ...


Kenta:世界が仮想通貨(暗号資産)を使い始める日【FISCOソーシャルレポーター】

みんなの株式

IMF(国際通貨基金)がデジタル通貨としてステーブルコイン(価格安定型コイン)についての記事をリリースしました。ステーブルコインとは仮想通貨の一種で法定 ...


IOT

安価なIoT機器でも安全なライフライクル管理を実現、サイバートラストがLinux用にSDKを提供

IT Leaders

セキュアIoTプラットフォーム」(SIOTP)は、IoTデバイスの製造から運用、廃棄まで、一気通貫のセキュリティを実現する製品サービスである。IoT器固有の情報と ...


NTT、IoT向けメッセージ認証技術LightMACがISO/IEC標準に採択

IoTNEWS (プレスリリース)

IoT機器がインターネットに接続されることで利便性が向上する一方、IoT機器のなりすましによるセキュリティリスクが増大している。IoTシステムを安全に運用する ...


「いいのがないから内製した」、OKIが18万円のAIエッジコンピューター

日経xTECH

IoTInternet of Things)デバイスが増え、エッジでAI(人工知能)処理を実行できるコンピューターのニーズが高まっている。しかし、現在では価格を含め適当な ...

.

=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:14| 千葉 ☁| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする