2019年10月12日

第9部:結論 アントニー・ルイス著 ビットコインとブロックチェーンの基礎から抜粋(10)


The financial services industry is particularly at risk of disruption from this technology. Before blockchains, third party intermediaries were needed to keep track of digital assets. The ledger containing your money is controlled by your bank; the ledger containing your shares is in the hands of your share custodian. You’ve never been able to digitally own and directly control a financial asset: it has always been kept by a third party. The financial services industry is full of intermediaries who hold your assets. They are the ones who keep track of who owns what, and it is their job to prevent double spending. And they are rewarded handsomely for doing so, a cost you bear. However, with crypto assets you really can hold and control your assets, though this has its risks. The blockchain is the ledger. So this technologymust result in fewer intermediaries, and that is probably a good thing overall. Fewer financial intermediaries mean fewer businesses that extract profit from the real economy.
金融サービス産業は特にこの技術からの混乱の危険の状態にあります。 ブロックチェーンの前に、第三者の仲介者がデジタル資産を記録・追跡することを必要とされました。 あなたの金を含んでいる元帳はあなたの銀行によって管理されます;あなたの株を含んでいる元帳は、あなたの株管理人の手にあります。 あなたはディジタル的に一度も金融資産を所有して、直接管理可能であったことがありません:それは常にサードパーティーによって保持されてきました。 金融サービス産業はあなたの資産を保管する仲介人でいっぱいです。 彼らは誰が何を所有するかを記録・追跡するもので、そして二重の費消を防ぐことは彼らの仕事です。 そして彼らはそうすることに対して見事に報酬を与えられます、それは、あなたが負担するコストです。 しかしながら、これはそのリスクを持っているけれどもが、暗号資産で、あなたは本当にあなたの資産を所有し、管理することができます。 ブロックチェーンは元帳です。 それでこの技術はより少ない仲仲介人の結果となり、そしてそれは全体的におそらく良いことです。 より少ない金融仲介人が実体経済から利益を抽出するより少ないビジネスを意味します。

There is a possibility that the distinction between public and private blockchains fades away, or that assets can jump between one blockchain and another with such ease that the blockchains themselves become a matter of preference and matter as little as which device you use to check your email.
公的ブロックチェーンと私的ブロックチェーンの間の区別が次第に消えていく可能性があります。ブロックチェーン自身が好みの問題となるか、あるいは、あなたの電子メールをチェックするためにどの機種を使うかほとんど問題にならない容易さを持って1つのブロックチェーンと別のブロックチェーンの間をジ資産がャンプする可能性があります。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 16:50| 千葉 ☔| Comment(0) | ビットコイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191012

今日の先端技術情報20191012

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


仮想通貨ってよく分からないけど、絶対将来性あるはず」:オランダINGの意識調査結果

コインデスク・ジャパン

仮想通貨について知識が少ない人の方が、仮想通貨の未来は明るいと考えているようだ。オランダの銀行INGの新たな調査で判明した。 2019年9月18日(現地 ...


セブン-イレブンで仮想通貨を購入、フィリピンで可能に

コインデスク・ジャパン

投資アプリを提供するアブラ(Abra)は、フィリピンの6000店舗で仮想通貨の販売を開始する。 この事業拡大は、同社がフィリピン国内のセブン-イレブン全店舗を ...


LINE出資のファンドを手掛けるVC、今度は仮想通貨ファンドで慎重なアジアの投資家を獲得へ

コインデスク・ジャパン

香港に拠点を置くベンチャーキャピタルグループのCMCCグローバル(CMCC Global)は、適格な投資家に仮想通貨への門戸を開くリバティ・ビットコイン・ ...

IOT

採寸データをPCにそのまま転送、富士通が「IoTメジャー」発売 転記ミスを防止

ITmedia

富士通は9月19日、服や荷物を採寸したデータをPCに直接転送できるIoTデバイスIoTメジャー hakaruno」を発売した。メジャーで測った寸法を、Windows ...


conect.plus、IoT機器データをリアルタイム表示可能なツール

マイナビニュース

ソフトバンクの子会社で企業や個人のIoTプロジェクトを支援するというconect.plus(コネクトプラス)は9月18日、IoT機器から取得したデータをリアルタイムに表示 ...


できることから始めよう! 今すぐできるお手軽IoT

マイナビニュース

だが現実には、「コストや手間がかかりそう」、「具体的に何をすればいいのかわからない」、「そもそもIoTが自社の業種に役立つのだろうか?」など、不明なこと ...

AI

かくれんぼで遊んでいたAIが道具の使い方やルールの破り方を自分で発見

TechCrunch Japan

こうした自己学習型AIは、現実世界にも役立てることができる。 この研究は、機械学習エージェントが研究者の介入や手助けなしに、高度な現実世界で応用できる ...


製造現場へのAI導入を推進するスカイディスク、不良品予測AIと理由のわかるAIを1画面で同時表示

時事通信

製造業に特化しAIサービスを提供する株式会社スカイディスク(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:橋本 司 以下「スカイディスク」)は、トーテックアメニティ ...


「今後5年でAIコンピューティングが全体の8割超に」、ファーウェイ副会長

日経xTECH

中国・華為技術(ファーウェイ)副会長の胡厚崑氏は、深層学習(ディープラーニング)など統計学ベースの人工知能(AIによるコンピューティングが今後5年で全体 ...


=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================



posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 16:42| 千葉 ☔| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする