2019年10月05日

第9部:結論 アントニー・ルイス著 ビットコインとブロックチェーンの基礎から抜粋(4)


ICOs will continue to be popular, and the industry will begin to standardize with best practices and common investor expectations. Perhaps one day we might figure out a way to value tokens. Regulations will become clearer, and this will enable those currently on the side-lines to participate.

ICO達は人気が高くあり続けるでしょう、そしてその産業は最善の実践と共通の投資家期待から標準化が始まるでしょう。 多分ある日我々はトークンを評価する方法を理解するかもしれません。 規制はいっそう明確になるでしょう、そしてこれは現在傍観している人たちに参加することができるようにするでしょう。

Whether bitcoins, Ether, and other cryptocurrencies become more price-stable or not, we will see crypto assets that have a stable price with respect to fiat currencies2. We can call thesestablecoins Orcrypto-fiat.  Fiat currency, or a near equivalent, will be tokenized and recorded on blockchains. Whether these crypto-fiat tokens are best issued by central banks, banks, e-money businesses, or somehow managed by smart contracts is still to be determined. There are a number of initiatives to create these price-stable tokens on both public and private blockchains. Stable crypto assets will enable another cycle of innovation.

ビットコイン、イーサと他の暗号通貨が価格 - 安定しているか否かにかかわらず、さらに多くになるか否かにかかわらず我々は専断的命令 通貨2に関して安定した価格を持っている暗号資産を見るでしょう。 我々はこれらの ステーブルコインあるいは暗号認可と呼ぶことができます。  認可通貨、あるいはほぼ同等物が トークン化されて、そして ブロックチェーンに記録されるでしょう。 これらの暗号認可トークンは中央銀行、銀行、電子マネービジネスによって発行されるか、あるいは何らかの方法でスマートな契約によって管理されるかどうかどれが最善かは、まだ決定されることになっています。 両方の公開および私的ブロックチェーンにこれらの価格の安定したトークンを作る多くのイニシアチブがあります。 安定した暗号資産が別の革新のサイクルを可能にするでしょう。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 14:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ビットコイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191005

今日の先端技術情報20191005

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

インテルら、AIで脊髄損傷の神経をつなぐ研究プロジェクト。麻痺の ...

Engadget 日本版-19 時間前

インテルと米ブラウン大学が、米国防高等研究計画局(DARPA)の助成を受け、AIを使って脊髄損傷による麻痺を回復させる Intelligent Spine Interfaceプロジェクトを研究しています。脊髄の神経繊維は脳と同じ中枢神経なので、切断すると ...

AIによるセールストークは人間の4倍も高い売上をみせた」という ...

GIGAZINE-13 時間前

人工知能(AI)技術の進歩によって、人間と同等に高度な会話を行うことができるチャットボットが登場し、一部の企業では顧客対応に応用されるケースも存在しています。そんなチャットボットが既に人間と同程度のセールス力を持ち、「場合 ...

AI大国、中国脅威論」の5つの誤解 米戦略国際問題研究所の ...

AI新聞=AI Weekly=-18 時間前

中国のAI技術が急速に伸びてきていると言われるが、果たして今現在どこまで伸びてきているのだろうか。米著名シンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)がこのほど開いたパネル討論会で、中国のAI技術の現状に関する一般的な誤解 ...



ビッグデータ

ビッグデータは現場の使命感と正確な取り扱いから生まれる。AIや ...

Newsweekjapan-2019/10/02

医薬品のビッグデータを取り扱う仕組みの先駆者といえるエンサイス。そのビッグデータは、最初からビッグデータではない。現場の使命感のある活動と正確なデータの取り扱いの積み重ねがあってビッグデータになる。そこで始めてAIなどの新 ...

実名口コミグルメサービスRetty、食領域のビッグデータ連携基盤 ...

時事通信-2019/10/02

Retty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田和也)は、2019年10月1日に、国内最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」に蓄積された食領域のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」の提供を開始した事をお知らせいたし ...

ボルボグループの働く車、100万台にコネクト搭載…ビッグデータを ...

レスポンス-2019/10/03

ボルボグループによると、つながる車両から収集したビッグデータは、アップタイムの向上、排出ガスや騒音の低減、 ... 騒音ゾーン、速度制限エリアといった交通規制を守るために、つながる車から得られたデータを、ゾーン管理に使用している。


ブロックチェーン

米国市場参入、著作権管理…LINEのブロックチェーン統括が ...

コインデスク・ジャパン-20 時間前

同社でフィンテックやブロックチェーン事業の責任者を務める高永受(Youngsu Ko)氏が10月2日、東京・目黒で開 ... や送金といった仮想通貨の機能にとどまらず、著作権管理や個人情報の管理などにもブロックチェーンを活用していく考えだ。


シビラ、ブロックチェーンをバブルから成熟産業に

仮想通貨 Watch-2019/10/03

ブロックチェーン技術の社会実装を目指し、フランス・パリから九州の小さな町まで、世界中で先端技術の実証実験にチャレンジしているシビラ(大阪市)。2019年は、ICO詐欺などでイメージが悪化してしまった「トークンエコノミー」の正当な評価 ...

bitFlyer Blockchain、ブロックチェーン活用のIDシステム開発を ...

仮想通貨 Watch-2019/10/01

Webサイトなどで個人情報を入力して作成する従来のIDに対して、「ブロックチェーンID」というものが考えられると加納氏は言う。ブロックチェーンに自身の氏名・性別・住所・生年月日の基本4情報をはじめとした各種情報を、暗号化して記録、 .

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 14:14| 千葉 ☁| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする