2019年09月26日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(63)


This model is untested, and there may be difficulties along the way in avoiding certain clever optimizations when using contract execution as a mining algorithm. However, one notably interesting feature of this algorithm is that it allows anyone to "poison the well", by introducing a large number of contracts into the blockchain specifically designed to stymie certain ASICs. The economic incentives exist for ASIC manufacturers to use such a trick to attack each other. Thus, the solution that we are developing is ultimately an adaptive economic human solution rather than purely a technical one.
このモデルは試されていません、そして、契約実行を採鉱アルゴリズムとして使うとき、ある特定の巧妙な最適化を避けるやりかたに沿って困難があるかもしれません。 しかしながら、このアルゴリズムの1つの特に面白い機能はそれが誰にでも、特にある特定のASICを妨害するよう意図されたブロックチェーンに多数の契約を導入することによって、「井戸を汚染する」ことを許すということです。 経済的誘因は ASIC 製造業者がこのようなトリックをお互いを攻撃するために使うために存在します。 それで、我々が開発中の解決は純粋に専門的なものよりむしろ究極的に適応性がある経済的な人間的解決です。

Scalability
拡張性

One common concern about Ethereum is the issue of scalability. Like Bitcoin, Ethereum suffers from the flaw that every transaction needs to be processed by every node in the network. With Bitcoin, the size of the current blockchain rests at about 15 GB, growing by about 1 MB per hour. If the Bitcoin network were to process Visa's 2000 transactions per second, it would grow by 1 MB per three seconds (1 GB per hour, 8 TB per year). Ethereum is likely to suffer a similar growth pattern, worsened by the fact that there will be many applications on top of the Ethereum blockchain instead of just a currency as is the case with Bitcoin, but ameliorated by the fact that Ethereum full nodes need to store just the state instead of the entire blockchain history.
イーサリアムについての1つの共通の懸念が拡張性の問題です。 ビットコインのように、 イーサリアムはすべての取引きが回線網ですべてのノードによって処理されるために必要とする抜け穴で苦しみます。 ビットコインと共に、現在のブロックチェーンのサイズは、1時間におよそ1 MB大きくなって、およそ15 GBで休みます。 もしビットコイン回線網が毎秒ビザの2000のトランザクションを処理するなら、それは3秒毎に1 MB(1時間に1 GB、1年に8 TB)大きくなるでしょう。 イーサリアムは、ビットコインの現状と同様の単なる通貨の代わりの イーサリアムのブロックチェーン上に多くのアプリケーションがあるであろうという事実によって悪化させられますが、しかし イーサリアムの全ノードが全部のブロックチェーンの履歴の代わりに単にその状態を蓄積する必要があるという事実によって改善されて、おそらく類似の成長パターンを経験する可能性が高いです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:43| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190926

今日の先端技術情報20190926

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT

簡単にセルラーIoTをプロトタイピングできるプラットフォームを発売

@IT MONOist

Nordic Semiconductorは、簡易セルラーIoTプロトタイピングプラットフォーム「Thingy:91」を発売した。GPS搭載マルチモードLTE-M/NB-IoT ...


デンソーの世界130工場をつなぐIoT機器、あなたの生産現場で試してみませんか?

ニュースイッチ Newswitch

デンソーウェーブ(愛知県阿久比町)は、工場向けIoTモノのインターネット)関連の製品群を強化する。メーカーに関わらず生産設備のデータを集めて活用できる ...


AI

AI時代到来で仕事がなくなる⁉中小企業の生き残る道とは

幻冬舎ゴールドオンライン

実際AIは指数関数的に性能を上げてきているといわれています。AIによるリストラは5年後に本格的に始まり、10年後にはかなりの仕事がAIによって失われて ...


ドコモ、カラオケで歌い手に合わせてAIが曲や歌手をリコメンドする技術

ニコニコニュース

膨大な歌唱履歴から多種多様なグループの歌唱パターンをAIが学習することにより、歌唱順や周期性からグループ特徴をリアルタイムに推測し、歌い手が複数人 ...

ブロックチェーン

金融庁、ゲーム内トークン・2号仮想通貨・ICOなどに対する考え方を明確化

仮想通貨 Watch

... 意見に対して金融庁は、例えばブロックチェーンに記録されたトレーディングカードやゲーム内アイテムなどは、1号仮想通貨と相互に交換できたとしても、基本的 ...


PAXOS、金に裏打ちされたPAX Goldと呼ばれるデジタルトークンを発表

FINTIDE

PAX Goldは、ブロックチェーン上に金(ゴールド)の所有権をユーザーに提供し、所有権は再割り当てが可能となっているため、別のトークンと取引もできる。

.

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする