2019年09月12日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(49)


Miscellanea And Concerns
その他関連

Modified GHOST Implementation
修正GHOST実装

The "Greedy Heaviest Observed Subtree" (GHOST) protocol is an innovation first introduced by Yonatan Sompolinsky and Aviv Zohar in December 2013. The motivation behind GHOST is that blockchains with fast confirmation times currently suffer from reduced security due to a high stale rate - because blocks    take a certain time to  propagate through the network, if miner A mines a block    and then miner B happens to mine another block before miner A's block   propagates to B, miner B's block will end up wasted and will not contribute to network security. Furthermore, there is a centralization issue: if miner A is a   mining pool with 30% hashpower and B has 10% hashpower, A will have a risk of producing a stale block 70% of the time (since the other 30% of the time A produced the last block and so will get mining data immediately) whereas B will have a risk of producing a stale block 90% of the time. Thus, if the block interval    is short enough for the stale rate to be  high,  A  will  be  substantially  more efficient simply by virtue of its size. With these  two  effects  combined, blockchains which produce blocks quickly are very likely to lead to one mining  pool having a large enough percentage of the  network  hashpower  to  have  de facto control over the mining process.
「貪欲な最も重い観測サブツリー」(GHOST)プロトコルは2013年12月に最初に ヨナタンソンポリンスキー と アビゾーハによって導入された革新です。GHOSTの後ろの動機づけは高い古臭さのために ブロックチェーンが速い確認タイムで現在した防御性の減少を被るということです − ブロックは、回線網を通して普及させるのにある時間を要するから、もし鉱夫Aがブロックを採掘し、そして次に鉱夫Bがたまたま、鉱夫Aのブロックの前に、別のブロックを採掘するなら、Bに普及し、鉱夫Bのブロックは無駄になるでしょう、そしてネットワーク・セキュリティに貢献しないでしょう。 さらに、中央集権化問題があります: もし鉱夫Aが30%の ハッシュパワーを持つ採鉱プールであり、そしてBが10%の ハッシュパワーを持っているなら、Bが90%その時の古臭いブロックを生産する危険があるであろうのに対して、Aは、70%その時の古臭いブロックを生産する危険があるでしょう。(Aが最後のものを生産したタイムの他の30%がブロックして、そしてそれですぐに採鉱データを得るでしょうから)、それで、もしブロック間隔が古臭い割合が高いのに十分短いなら、Aはただその大きさ規模によって十分にいっそう効率的でしょう。 合わせたこれらの2つの効果で、速くブロックを生産する ブロックチェ^ンは採鉱プロセスについてのデファクトの制御を持つのに十分大きい回線網 ハッシュパワーの割合を持っている1つの採鉱プールに導く可能性が非常に高いです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:10| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190912

今日の先端技術情報20190912

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨

仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に ディーカレット

ITmedia

仮想通貨取引所を運営するディーカレット(東京都千代田区)は8月21日、仮想通貨から電子マネーにチャージできるサービスを開始した。同社の ...


仮想通貨の功労者デヴィット・ショーム 新たなデジタル通貨を計画 ビットコインと差別化目指す

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

仮想通貨の生みの親の1人と言われるデヴィット・ショーム氏は、ザ・ブロックとのインタビューの中で、ビットコインからのパラダイムシフトを目指して新たなデジタル ...

AI

健康管理から失踪の捜索まで 進化する「ペットテック×AI

Forbes JAPAN

すでに、AIを搭載した見守りカメラというコンセプトが広がりを見せている。画像認識技術でペットを追跡し、その姿をスマートフォンなど遠隔で確認できるようにして ...


AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性 (1/6)

ITmedia

ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する本連載。これまでAIの仕組みや歴史、各国の取り組みなど、さまざまな角度から「AI」という ...


ブロックチェーン

デロイト、ブロックチェーンソリューションのデモを支援する製品をローンチ

コインデスク・ジャパン

4大会計事務所の1つであるデロイト(Deloitte)は、企業が顧客にブロックチェーンソリューションを実演する際に役立つ、プラグアンドプレイ製品 「ブロック ...


「リブラ」Facebook子会社カリブラの責任者が緊急来日 10月2日、日本戦略を語る【b. tokyo】

コインデスク・ジャパン

2019年10月2・3日のブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo 2019」で行われるセッション「Facebook『Libra(リブラ)』が目指すもの──担当ディレクターが語る ...

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:05| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする