2019年09月10日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(47)


4.    Smart multisignature escrow. Bitcoin allows multisignature transaction contracts where, for example, three out of a given five keys can spend the funds. Ethereum allows for more granularity; for example, four out of five can spend everything, three out of five can spend up to 10% per day, and two out of five can spend up to 0.5% per day. Additionally, Ethereum multisig is asynchronous - two parties can register their signatures on the blockchain at different times and the last signature will automatically send the transaction.
スマートな多署名エスクロー。 ビットコインは、例えば、所定の5のうち3つのキーが資金を使うことができるところで多署名の取引き契約を可能にします。 イーサリアムはもっと多くの粒度を考慮に入れます;例えば、5のうち4がすべてを使うことができ、5のうち3が1日に最高10%を使うことができ、そして5のうち2が1日に最高0.5%を使うことができます。 さらに、 イーサリアム多署名は非同時性です − 2つの関係者が異なった時にブロックチェーン上に彼らの署名を登録することができ、そして最後の署名が自動的に取引きを送るでしょう。

5.    Cloud computing. The EVM technology can also be used to create a verifiable computing environment, allowing users to ask others to carry out computations and then optionally ask for proofs that computations at certain randomly selected checkpoints were done correctly. This allows for the creation of a cloud computing market where any user can participate with their desktop, laptop or specialized server, and spot-checking together with security deposits can be used to ensure that the system is trustworthy (ie. nodes cannot profitably cheat). Although such a system may not be suitable for all tasks; tasks that require a high level of inter-process communication, for example, cannot easily be done on a large cloud of nodes. Other tasks, however, are much easier to parallelize; projects like SETI@home, folding@home and genetic algorithms can easily be implemented on top of such a platform.
クラウドコンピューティング。 EVM技術は同じく、ユーザーが他の人たちに電算を実行して、そして次にオプションとしてある特定のランダムに選択されたチェックポイントにおいての電算が正確にされたという証明を求めるように頼むことを可能にして、証明可能な電算環境を作るために使うことができます。 これはどんな利用者でも彼らのデスクトップ、ラップトップあるいは専門的なサーバーで参加することができるクラウドコンピューティングマーケットの作成を可能にし、そして保証金と共に抽出検査することはシステムが信頼可能である(例えば、ノードは有利に不正行為をすることができない)ことを保証するために使うことができます。 このようなシステムがすべてのタスクに適していないかもしれないけれども;高いレベルの例えば、プロセス間通信を必要とするタスクは、容易にノードの大きいクラウド上で行うことができません。 他の仕事は、しかしながら、麻痺することは、ずっとより容易です;SETI@home 、 folding@home のようなプロジェクトや遺伝的アルゴリズムが容易にこのようなプラットホームの上に実装することができます。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:15| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190910

今日の先端技術情報20190910

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

安心・快適な移動を。バス運行を変えるAIが世界各地で登場

Forbes JAPAN

おそらく、世界の人々が共通した悩みを抱えているはずである。そんななか、人工知能(AIを使ってユーザーのバス移動を効率化しようという動きが始まっている。


AI活用を成功に導く方法をサービス商品化した米AIベンチャーの狙い

ZDNet Japan

機械学習の自動化プラットフォームを展開する米DataRobotの日本法人が8月、人工知能(AIの活用を成功に導く方法を体系化し、サービスとして提供を開始した ...

IOT

今後2年以内に94%の企業でIoT導入が進む、マイクロソフトが予測

@IT MONOist

マイクロソフトは2019年7月31日、同社が実施したIoTモノのインターネット)普及に関する調査結果を発表した。同調査によると、世界の大企業の80%以上がIoT ...


豚の健康状態をIoTで遠隔監視!?効率的な飼育が可能に

ニュースイッチ Newswitch

【横浜】NTT東日本は神奈川県養豚協会(海老名市)、神奈川県畜産技術センター(同)と連携し、IoTモノのインターネット)を活用して豚舎の飼育環境を遠隔監視 ...


ブロックチェーン

BTCNEXTが提供するトークン交換サービスとは?

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

NOAHプロジェクトチームは、現実世界での問題を解決するためにブロックチェーンテクノロジーの革新的な機能を活用することにより、常に新しい境地を開く努力を ...


決済ソリューションで発展途上国にビジネスの機会を ー Shake Hands Contract が目指すエスクロー ...

ベンチャータイムス

フィンテックやブロックチェーンが注目され、金融のパラダイムシフトが起きると言われる昨今、多くのスタートアップ企業がこれらの技術を用いた新たなサービスを ...

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:06| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする