2019年09月09日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(46)



3.   A decentralized data feed. For financial contracts for difference, it may actually be possible to decentralize the data feed via a protocol called SchellingCoin. SchellingCoin basically works as follows: N parties all put into the system the value of a given datum (eg. the ETH/USD price), the values are sorted, and everyone between the 25th and 75th percentile gets one token as a reward. Everyone has the incentive to provide the answer that everyone else will provide, and the only value that a large number of players can realistically agree on is the obvious default: the truth. This creates a decentralized protocol that  can theoretically provide any number of values, including the ETH/USD price, the temperature in Berlin or even the result of a particular hard computation.

分散データ供給。 相違の金融契約のために、 SchellingCoin と呼ばれるプロトコールによってデータ供給を分散させることは実際に可能であるかもしれません。 SchellingCoin は基本的に、次のように効果があります:すべてのn個のグループがシステムに所定のデータ項目(例えば、 ETH / USD 価格)の値をつぎ込み、値はソートされ、第25番目そして75番目のパーセンタイルの間の皆が報酬として1トークンを得ます。 皆がほかの皆が提供するであろう返答を提供するために奨励金を持ち、そして多数のプレーヤーが現実的に合意することができる唯一の値は明白なデフォルトです:それが真です。 これは、 ETH / USD価格 、ベルリンの温度あるいは特定の難しい計算結果さえを含めて、理論的に限りなく多くの値を提供することができる分散プロトコールを作成します。

4.    Smart multisignature escrow. Bitcoin allows multisignature transaction contracts where, for example, three out of a given five keys can spend the funds. Ethereum allows for more granularity; for example, four out of five can spend everything, three out of five can spend up to 10% per day, and two out of five can spend up to 0.5% per day. Additionally, Ethereum multisig is asynchronous - two parties can register their signatures on the blockchain at different times and the last signature will automatically send the transaction.
スマートな多署名エスクロー。 ビットコインは、例えば、所定の5のうち3つのキーが資金を使うことができるところで多署名の取引き契約を可能にします。 イーサリアムはもっと多くの粒度を考慮に入れます;例えば、5のうち4がすべてを使うことができ、5のうち3が1日に最高10%を使うことができ、そして5のうち2が1日に最高0.5%を使うことができます。 さらに、 イーサリアム多署名は非同時性です − 2つの関係者が異なった時にブロックチェーン上に彼らの署名を登録することができ、そして最後の署名が自動的に取引きを送るでしょう。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:08| 千葉 ☔| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190909


今日の先端技術情報20190909

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

AIと倫理 「AIは鉄腕アトムではなくエイリアンのよう・・」第2回 ABEJA コロキアム「AIとバイアス、その在り処 ...

ロボスタ

ABEJAは、AIの倫理・法・社会的課題を討議する有識者委員会 「Ethical Approach to AI」(EAA)を発足した(関連記事「ABEJAが「AIの法務・倫理」を議論する委員 ...


AIの深層学習、データ量半分で

日本経済新聞

□NEC 人工知能(AI)の手法の一つである深層学習(ディープラーニング)で、あらかじめ学ばせるデータの量が従来の半分で済む技術を開発したAIの精度向上 ...

仮想通貨

仮想通貨ビットコインは存在自体に価値」NY大教授ら論文、金融政策への規律に期待

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

ビットコインのようなプライベートで分散型の仮想通貨は、「存在するだけで」市民に恩恵を与えていると主張する論文をニューヨーク大学のデービッド・ヤーマック ...


楽天、仮想通貨取引サービスを開始 ビットコインやイーサリアムなど取り扱い

ITmedia

暗号資産(仮想通貨)を取り扱う楽天ウォレット(東京都世田谷区)は8月19日、仮想通貨取引所「楽天ウォレット」を開設し、専用スマートフォンアプリ(Android版) ...


ブロックチェーン


STO(セキュリティトークンオファリング)市場を活性化させるために、従来の金融機関と分散型台帳技術を ...

ベンチャータイムス

ブロックチェーン仮想通貨とは2013年にオンラインポーカーをやっている中で出会いました。友人がBitcoinを持っていたことでその存在を知ったのですが、その ...


INOUZ Seminor 「ブロックチェーンをビジネスで活用するときの注意点」

BIGLOBEニュース

ブロックチェーン技術を活用してなにかビジネスを展開を検討したいが、何を気を付ければいいのか、いまいち不明確」。大手企業を中心の実証実験やビジネス化 ...

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:03| 千葉 ☔| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする