2019年09月02日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(39)


Such a contract would have significant potential in crypto-commerce. One of the main problems cited about cryptocurrency is the fact that it's volatile; although many users and merchants may want the security and convenience of dealing with cryptographic assets, they may not wish to face that prospect of losing 23% of the value of their funds in a single day. Up until now, the most commonly proposed solution has been issuer-backed assets; the idea is that an issuer creates a sub-currency in which they have the right to issue and revoke units, and provide one unit of the currency to anyone who provides them (offline) with one unit of a specified underlying asset (eg. gold, USD). The issuer then promises to provide one unit of the underlying asset to anyone who sends back one unit of the crypto-asset. This mechanism allows any non-cryptographic asset to be "uplifted" into a cryptographic asset, provided that the issuer can be trusted.
このような契約は暗号商取引で重要な潜在能力を持つでしょう。 暗号通貨について引合いに出された主な問題の1つはそれが変わりやすいという事実です; 多くのユーザーと商人が暗号の資産を扱う防御性と便利さを欲するかもしれないけれども、彼らは1日で彼らの資金の値の23%を失うその見込みに直面することを望まないかもしれません。 今まで、最も一般に提案された解決は(今まで)発行者に保証された資産でした; その考えは彼らがユニットを発行したり無効にしたりして、指定された基礎をなしている資産(例えば. 金、米ドル)の1発生単位を彼ら(オフラインで)に提供する誰にでも通貨の1単位を提供する権利を持っている副通貨を発行者が作るということです。 発行者はそれから暗号資産の1つの単位を返送する誰にでも基礎をなしている資産の1単位を提供することを約束します。 このメカニズムはどんな非暗号資産でも、発行者が信頼されることができるなら、暗号の資産の中に「持ち上げる」ことを可能にします。

In practice, however, issuers are not always trustworthy, and in some cases the banking infrastructure is too weak, or too hostile, for such services to exist.
しかしながら、実際は、発行者は常に信頼可能であるというわけではありません、そしてある場合には、このようなサービスが存在するために、銀行業の基礎構造はあまりにも弱いか、あるいはあまりにも敵対的です。

Financial derivatives provide an alternative. Here, instead of a single issuer providing the funds to back up an asset, a decentralized market of speculators, betting that the price of a cryptographic reference asset (eg. ETH) will go up, plays that role. Unlike issuers, speculators have no option to default on their side of the bargain because the hedging contract holds their funds in escrow. Note that this approach is not fully decentralized, because a trusted source is still needed to provide the price ticker, although arguably even still this is a massive improvement in terms of reducing infrastructure requirements (unlike being an issuer, issuing a price feed requires no licenses and can likely be categorized as free speech) and reducing the potential for fraud.
金融派生商品が選択肢を提供します。ここで、資産をバックアップする資金を提供する一つの発行者の代わりに、それに暗号の基準資産の(例えば、イーサ)価格が上がることを賭けている投機家の分散マーケットが、その役割を果たします。 発行者と異なり、投機家は掛けつなぎ契約が彼らの資金をエスクローに保持するから、売買契約の彼らの側に関して支払いを怠る選択権を持っていません。アプローチが信頼できる源がまだ価格ティッカーを提供するために必要とされるから、完全に分散していないことに注意を払ってください。けれども 多分、これは、(発行者であるのと異なり、価格フィードを発行することはライセンスが必要なく恐らく言論の自由という範ちゅうに入る可能性があるが)、インフラ必要条件を減らして、詐欺の可能性を減らすことに関して、大規模な改良となります。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:11| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190902

今日の先端技術情報20190902

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ビッグデータ

IoTのデータ利活用を加速する、インテルのFPGAアクセラレーション・ソリューション ―インテル 山崎大輔氏 ...

IoTNEWS (プレスリリース)

こうした優れた特徴をもつFPGAは今、IoTやビッグデータ析に欠かせない技術として注目を集めている。それは、リアルタイムで刻々と集まってくる膨大なデータ ...


デジタルを使って会社と社会の在り方を定義せよ--三菱ケミカルHDの岩野CDO

ZDNet Japan

クラウド、ビッグデータ、AI、IoT――テクノロジーによるデジタル変革の潮流は、従来のビジネスモデルを「破壊」するとともに、データドリブンによる新たなビジネスの ...

ブロックチェーン

ブロックチェーン関連の世界支出、2023年に約1兆6908億円に到達【IDC予測】

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

米市場調査会社IDCは、ブロックチェーンソリューションに対する支出額(世界)は、2023年に約160億ドル(約1兆6908億円)に達すること、また2018年〜23年 ...


マスターカードが小売業者と提携したトレーサビリティシステム構

NEXTMONEY

今後マスターカードは、衣料品ラインにおいてブロックチェーンースの技術を活用しながら、ビジョンに共感するアーティストを集めていく事を発表しており、ブランド ...

AI


  
どこまで来てる? AI革命 ーSoftBank World 2019ー

bouncy News(バウンシー)

7月18〜19日に開催された「SoftBank World 2019」に行ってきました。SoftBank Worldでは近年「AI革命」を打ち出していますが、どこまで来ているのでしょうか ...


トヨタが生活支援ロボットにAI導入へ、PFNと共同開発

MITテクノロジーレビュー

トヨタ自動車は日本の人工知能(AI企業であるプリファードネットワークス(PFN)と協力し、最先端のAIを活用して高齢者や障害者をサポートできるロボットを提供 ...

..

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:06| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする