2019年08月31日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(38)


The basic code for implementing a token system in Serpent looks as follows:
次のように Serpent のトークンシステムを実装するための基本的なコードは下記のように見えます:


from = msg.sender

to = msg.data[0]

value = msg.data[1]


if contract.storage[from] >= value:

contract.storage[from] = contract.storage[from] value

contract.storage[to] = contract.storage[to] + value


This is essentially a literal implementation of the "banking system" state transition function described further above in this document. A few extra lines of code need to be added to provide for the initial step of distributing the currency units in the first place and a few other edge cases, and ideally a function would be added to let other contracts query for the balance of an address. But that's all there is to it. Theoretically, Ethereum-based token systems acting as sub- currencies can potentially include another important feature that on-chain Bitcoin-based meta-currencies lack: the ability to pay transaction fees directly in that currency. The way this would be implemented is that the contract would maintain an ether balance with which it would refund ether used to pay fees to the sender, and it would refill this balance by collecting the internal currency units that it takes in fees and reselling them in a constant running auction. Users would thus need to "activate" their accounts with ether, but once the ether is there it would be reusable because the contract would refund it each time.
これは本質的にこの文書のもっと上に記述された「銀行制度」状態遷移関数の文字通りの実装です。 少数の余分のコード行が最初に通貨単位を配分する最初のステップや他の2−3の周辺ケースのために提供するため加える必要があります。理想的には他の契約にアドレスのバランス質問のために関数が加えられるかもしれない。けれどもそれはそれに存在するすべてです。 理論的に、副通貨の役割を果たしている イーサリアムベースのトークンシステムは潜在的にブロックチェーン上のビットコインベースのメタ通貨に欠ける他の重要機能:その貨幣で直接取引手数料を支払う能力を含むことができます。 これが実行される方法は契約が送信者に料金を払うために使われるイーサを返済するであろうイーサバランスを維持するであろうということで、そしてそれは、料金でそれが要する内部の通貨単位を集めて、そして絶え間がないランニングのオークションでそれらを再販することによって、このてんびんを補充するでしょう。 ユーザーは、このようにイーサでそれらのアカウントを「活性化する」必要があるでしょう、しかし、いったんイーサがあれば、契約書が毎回それを返済するであろうから、それは再利用可能でしょう。


=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:56| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190831

今日の先端技術情報20190831

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT


IoT機器の不調 ビル管理会社が駆け付け点検、Momo

日本経済新聞

センサー開発のスタートアップ企業のMomo(モモ、神戸市)は9日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT機器を対象に機器を監視する見守りサービスを始めると ...


  
スケジュールや天気も確認できるIoT壁かけ・置き時計「Glance Clock」。Amazonで10%オフセールを開催 ...

ギズモード・ジャパン

スケジュールや天気も確認できるIoT壁かけ・置き時計「Glance Clock」。 ... すべてのものがネットワークとつながる時代になり、時計も、IoT化されて登場です!

仮想通貨


【b. tokyo】フィクションとしての仮想通貨 100年後の未来を考える

コインデスク・ジャパン

2019年10月2・3日のブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo 2019」で行われる セッション「フィクションとしての仮想通貨 ──100年後の未来を考える ?


中国政府、仮想通貨企業を狙うハッキング集団を支援している可能性:ファイア・アイ報告書

コインデスク・ジャパン

APT41は、医療、通信、フィンテック、映画、メディア企業を標的にした攻撃に加えて、仮想通貨産業に身を置く多くの企業に侵入し、フィッシングを仕掛けていること ...

ブロックチェーン

フィンテックだけじゃない?上場企業がブロックチェーンに取り組むわけ【後編】

みんなの仮想通貨

上場企業がブロックチェーンに取り組むわけ【前編】では「ブロックチェーンの実相」や「インターネットの現状」についてご紹介いただきました。【後編】ではブロック ...


独大手保険会社、ブロックチェーンを活用する決済用「デジタルトークン」を開発中

株式会社CoinPost

独保険会社大手のAllianzは、ブロックチェーンを活用し、デジタルトークンの開発を進めている。このトークンは顧客が支払いに利用でき、その特徴は、JPモルガン ...

..

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:00| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする