2019年08月30日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(37)


Applications
アプリケーション

In general, there are three types of applications on top of Ethereum. The first category is financial applications, providing users with more powerful ways of managing and entering into contracts using their money. This includes sub- currencies, financial derivatives, hedging contracts, savings wallets, wills, and ultimately even some classes of full-scale employment contracts. The second category is semi-financial applications, where money is involved but there is also a heavy non-monetary side to what is being done; a perfect example is self- enforcing bounties for solutions to computational problems. Finally, there are applications such as online voting and decentralized governance that are not
一般に、 イーサリアムにはアプリケーションの3つのタイプがあります。 最初の種類は、金融アプリケーションで、それらの金を使って、管理して、契約に入るいっそう強力な方法をユーザーを提供します。 これは副通貨、金融派生商品、掛けつなぎ契約、貯金の札入れ、意志と究極的に全面的な雇用契約の若干のクラスさえ含みます。 2番目の種類はセミ金融アプリケーションで、お金が関係するが、しかし同じくされていることに重い貨幣以外のサイドがあります;完ぺきな事例が電算問題に対する解決のための自己強要報奨金です。 最終的に、そうでないオンライン投票と分散的な統治のようなアプリケーションがあります

Token Systems
トークンシステム

On-blockchain token systems have many applications ranging from sub- currencies representing assets such as USD or gold  to  company stocks, individual tokens representing smart property, secure unforgeable coupons, and even token systems with no ties to conventional value at  all,  used  as  point systems for incentivization. Token systems are surprisingly easy to implement in Ethereum. The key point to understand is that a currency, or token system, fundamentally is a database with one operation: subtract  X  units  from  A  and give X units to B, with the provision that (1) A had at least X units before the transaction and (2) the transaction is approved by A. All  that  it  takes  to implement a token system is to implement this logic into a contract.
ブロックチェーン上のトークンシステムは、米ドルあるいは金のような資産を表しているサブ通貨から自社株まで及んでいる、スマートな財産や、確かな偽造できないクーポンとまったく従来的な価値との結びつきなしのトークンシステムさえ表している個別のトークンが奨励 のためのポイントシステムとして使れる多くのアプリケーションがあります。 トークンシステムは驚くほど イーサリアムで実装することが容易です。 理解するキーポイントは通貨、あるいはトークンシステムが基本的に1つの運用のデータベースであるということです: AからXユニットを引いて、そしてBにXユニットを与える、(1)Aは少なくとも取引きの前のXユニットを持っていた(2)その取引きはA.によって認可されます。 トークンシステムを実装するのに要するはすべては契約にこのロジックを実装することです。


=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:20| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190830

今日の先端技術情報20190830

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT

時計のボタンでIoT機器を操作、シチズンの光発電スマートウオッチ「Eco-Drive Riiiver」

Engadget 日本版

シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」。その実機に一足速く触れてきました。今秋発売予定で希望小売価格は税別4万5000円。現在クラウドファン ...



超大学でAIとIoTの前線を聞きました。

BLOGOS

これに対し、越塚さんは「IoTはインターネットを軸にしつつ、AI、ロボット、ビーコン、データ、無線、サーバなどの技術群」だとします。「その全部だ」と。「多様で複雑な ...

仮想通貨


仮想通貨から暗号資産へ 改正資金決済法で何が変わるのか

ZUU online

仮想通貨」の名称を「暗号資産」に変更することや、仮想通貨の規制強化策などを盛り込んだ資金決済法と金融商品取引法の改正法が2019年5月に国会で成立 ...


今週の分散型アプリ(dApps)トップ どの仮想通貨が人気?(8月8日)

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

分散型アプリ(dApps)のデータサイト「ダップ・レーダ」によると、過去24時間のユーザー数トップ10にランクインしたdAppsは、EOS基盤が6、トロンが2、 ...

AI


製造業はエッジAIで変わる。課題を認識し、経験が決めつけた限界を技術で突き破る

Ledge.ai

これを解決するのが、エッジコンピューティングです。端末(エッジ)上でデータを処理、推論する技術です。通常クラウドで行うAIの処理を、エッジで行ってくれます。



加速する「メディカルAI」、AIによる医用画像解析はここまで進化した

SBクリエイティブ株式会社

いまや人工知能(AI)の活用は、あらゆる業種・業界で進んでいる。特に医療業界では、医療におけるAIを「メディカルAI」と呼び、積極的に研究・開発や応用が行 ...

..

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:15| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする