2019年08月08日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(15)


The Merkle tree protocol is arguably essential to long-term sustainability. A "full node" in the Bitcoin network, one that stores and processes the entirety of every block, takes up about 15 GB of disk space in the Bitcoin network as of April 2014, and is growing by over a gigabyte per month. Currently, this is viable for some desktop computers and not phones, and later on in  the  future  only businesses and hobbyists will be able to participate. A protocol known as "simplified payment verification" (SPV) allows for another class of nodes to exist, called "light nodes", which download the block headers, verify the proof of work  on the block headers, and then download only the "branches" associated with transactions that are relevant to them. This allows light nodes to determine with a strong guarantee of security what the status  of  any  Bitcoin  transaction,  and their current balance, is while downloading only a very  small  portion  of  the entire blockchain.
マークル ツリープロトコルは多分長期の持続可能性に間違いなく必須です。 ビットコイン回線網の中の「全ノード」、各ブロックの全部を蓄積し、処理するものが2014年4月の時点でビットコイン回線網でのおよそ15GBのディスク・スペースを取って、そして1カ月に1ギガバイト以上大きくなっています。 現在、これは電話ではなく、若干のデスクトップコンピュータのために実行可能で、そして後で将来単にビジネスと趣味に熱中する人だけが参加することが可能でしょう。 「単純化された支払い検証」として知られているプロトコール(SPV)が「ライトノード」と呼ばれて、ブロックヘッダをダウンロードするもう1つ別のノードのクラスが、ブロックヘッダの仕事の証明を検証して、そして次にただそれらに適切なトランザクションと結び付けられる「ブランチ」だけをダウンロードすることを可能にします。 これはライトノードがビットコイン取引きの状と現在の差し引き残高況が、ただブロックチェーン全体の非常に少しの部分だけをダウンロードしている間に、どうであるかセキュリテイの強い保証で決定することを可能にします。


Alternative Blockchain Applications
代替ブロックチェーンアプリケーション

The idea of taking the underlying blockchain idea and applying it to other concepts also has a long history.
基礎をなすブロックチェーンの考えを取り、そして同じくそれを他の概念に適用するという考えは長い歴史を持っています。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:57| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190808

今日の先端技術情報20190808

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI


犬型ロボ「aibo」のAIはどのように開発されたのか (1/2)

@IT

さまざまな業種でAI活用が進む中、ビジネスに寄与するAIをどう開発すればよいのか? aiboの開発チームでaiboのAI開発を担当した森田拓磨氏と、AWSを用 ...


訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」東京ステーションホテルに導入

PR TIMES (プレスリリース)

「Bebot」は、2016 年に世界で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務を、AI によって対応を可能にしたスマートフォン用チャットボットサービスです。 「ガイド ...

仮想通貨

「秘密鍵暗号化していた」 ビットポイント、“二重のセキュリティ対策”でも起きた仮想通貨不正流出

ITmedia

約30億円相当の仮想通貨不正流出を起こした仮想通貨交換業者のビットポイントジャパン(BPJ)は、16日に行った緊急記者会見の中で「ホットウォレットの秘密鍵 ...


国際通貨基金(IMF)、Facebookの仮想通貨Libra」には「国際的な規制が必要」

ITmedia

国際通貨の安定を担う国連機関である国際通貨基金(IMF)は7月15 ... この中で、米Facebookが2020年に立ち上げを計画している仮想通「Libra」について、 ...


IOT


「自宅・店舗・オフィス・賃貸住宅向けIoTサービス カオスマップ」を公開 株式会社EnergyColoring

PR TIMES (プレスリリース)

スマホでビルの消費電力の用途別内訳を見える化するIoTツール「エナジーカラリング」を運営する株式会社EnergyColoring(本社:東京都府中市)は、「自宅・ ...


工場向けIoTで機器の稼働率を向上 - 埼玉県のトーメックス

マイナビニュース

NTT東日本が、中小企業向けに2018年11月にリリースした「工場向けIoTパッケージ」の開発にあたって、1年間行われたトライアルに参加した2社うちの1社が ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:50| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする