2019年08月05日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(13)


1.  Send 100 BTC to a merchant in exchange for some product (preferably a rapid-delivery digital good)
  若干の製品(なるべく急配信のデジタル商品)と引き換えに商人に100 BTCを送くる

2.  Wait for the delivery of the product
  製品の配信を待つ

3. Produce another transaction sending the same 100 BTC to himself
  彼自身に同じ100 BTCを送って別の取引きを生産する

4. Try to convince the network that his transaction to himself was the one that came first.
  回線網に彼自身への彼の取引きが最初に来たものであることを確信させようと試みる。


Once step (1) has taken place, after a few minutes some miner will include the transaction in a block, say block number 270. After about one hour, five more blocks will have been added to the chain after that block, with each of those blocks indirectly pointing to the transaction and thus "confirming" it. At this point, the merchant will accept the payment as finalized and deliver the product; since we are assuming this is a digital good, delivery is instant. Now, the attacker creates another transaction sending the 100 BTC to himself. If the attacker simply releases it into the wild, the transaction will not be processed; miners will attempt to run  APPLY(S,TX)   and notice that  TX   consumes a UTXO which is no longer in the state. So instead, the attacker creates a "fork" of the blockchain, starting by mining another version of block 270 pointing to the same block 269 as a parent but with the new transaction in place of the old one.
ひとたびステップ(1)が起きたならば、数分の後に、いずれかの鉱夫がブロックに取引きを含めるでしょう、つまりブロック番号270と。 およそ1時間後、さらに5ブロックがそのブロック後にブロックチェーンに加えられてしまっているでしょう。それらのブロックのそれぞれが間接的に取引きを示して、そしてそれでそれを「確認する」ことになります。 この時点で、完結したとして、商人は支払いを受け入れて、商品を配信するでしょう;我々がこれがデジタル商品であると想定していますから、配信は即座です。 今、攻撃者は彼自身に100 BTCを送ってもう1つの取引きを作り出しします。 もし攻撃者がただそれを荒野に放すなら、取引きは処理されないでしょう;鉱夫がAPPLY(S,TX)の実行を試みて、そして TX がもう状態にない UTXO を消費することに気が付くでしょう。 それでその代わりに、攻撃者は、ブロックチェーンについて「フォーク」を作ります。親として同じブロック269を指し示しているブロック270のもう1つのバージョンを採鉱することによって、始めます。


=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:38| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190805

今日の先端技術情報20190805

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


【速報】ビットポイント、流出した仮想通貨は調達済み 海外取引所からも流出か

コインデスク・ジャパン

取引所のビットポイントジャパンから仮想通貨が不正に流出した問題で、同社親会社のリミックスポイントは7月14日、実際に同取引所から流出した仮想通貨は ...


仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第二報)

BITPoint

2019年7月11日に、弊社が管理する仮想通貨の不正流出が判明したことから、全サービスを停止しております。 お客様をはじめ関係者の皆様には、ご迷惑を ...

ブロックチェーン

マレーシア、国立研究機関で米オラクルのブロックチェーンを採用

自社 (風刺記事) (プレスリリース)

マレーシア通商産業省(MITI)管轄の国立応用研究開発センターは、米国オラクル社が提供するロックチェーンプラットフォームを通じてブロックチェーン技術の ...


アポロ計画に使われたコンピューターで「Bitcoinのマイニング」を行った猛者が登場

GIGAZINE

Bitcoinのマイニングに使われるのはSHA-256というアルゴリズムであり、ブロックチェーンを構成するハッシュ値と呼ばれる値の計算に必要なエネルギーを提供 ...


AI

AI店員」「現金お断り」 外食、人手不足対策新メニュー

日本経済新聞

外食業界がデジタル技術や人工知能(AI)を活用し、人手不足対策に取り組む。AIと顧客の画像認識などを組み合わせて営業や販売促進サービスをするほか、 ...


AIを「悪の手先」にしないためにGoogleが取り組んでいること (1/2)

ITmedia

Googleが7月10日に東京オフィスでアジアのメディア向けに開催したイベント、「Solve with AI presented by Google」に行ってきました。Google(とGoogleが ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:31| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする