2019年08月02日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(10)


If we had access to a trustworthy centralized service, this system would be trivial to implement; it could simply be coded exactly as described, using a centralized server's hard drive to keep track of the state. However, with Bitcoin we are trying to build a decentralized currency system, so we will need to combine the state transition system with a consensus system in order to ensure that everyone agrees on the order of transactions.
もし我々が信頼可能な中央集権型サービスへのアクセスを持っていたなら、このシステムの実装些細な事でしょう;その状態を記録・追跡するために集中型サーバーのハードドライブを使って、記述されるように、単純に、正確なコード化が可能だろう。しかしながら、ビットコインで我々は分散通貨制度を構築しようとしていて、それで我々は皆が取引の秩序について合意することを保証するために状態遷移システムをコンセンサス方式と組み合わせる必要があるでしょう。

Bitcoin's decentralized consensus process requires nodes in the network to continuously attempt to produce packages of transactions called "blocks". The network is intended to produce roughly one block every ten minutes, with each block containing a timestamp, a nonce, a reference to (ie. hash of) the previous block and a list of all of the transactions that have taken place since the previous block. Over time, this creates a persistent, ever-growing, "blockchain" that constantly updates to represent the latest state of the Bitcoin ledger.
ビットコインの分散合意プロセスは連続的に「ブロック」と呼ばれる取引のパッケージを生産しようと試みるため回線網でノードを必要とします。 回線網は前のものがふさぐおよそ10分ごと1つのブロック作るが、意図され、それぞれと一緒にタイムスタンプ、乱数、前のブロックへの参照基準(例えばハッシュ)と前のブロックから起きているトランザクションのすべてのリストを各ブロックは含んでいます。 長い間に、これはビットコイン元帳の最近の状態を表すためにいつも更新する絶え間なく、常に拡大する、「ブロックチェーン」を作ります。


=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:42| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190802

今日の先端技術情報20190802

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨

【速報】ビットポイント、仮想通貨の流出を報告 約35億円相当

コインデスク・ジャパン

仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京港区)から約35億円相当の仮想通貨が流出した。同社が7月12日、発表した。同社親会社のリミックスポイントの ...


当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)

リミックスポイント

暗号資産(仮想通貨)交換業、小売電気事業など新規事業領域へ積極的に参入。ブロックチェーン技術を活用し新しい価値を創出することをリミックスポイントは ...


LOD

【J-LOD補助金第4弾 採択結果】ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関するシステムの開発 ...

経済産業省 (プレスリリース)

平成30年度補正予算「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金(J-LOD」のうち、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関するシステム ...

ブロックチェーン

ニセ美術品対策にもビットコイン技術 ブロックチェーン

朝日新聞

ブロックチェーンは、暗号資産を誰が支払い、受け取ったかといった取引歴を記録していく技術だ。電子マネーだと特定の会社や組織が管理するが、売り手や ...


モノとつながるブロックチェーン!? IoTとの相乗効果

仮想通貨 Watch

主人公・仲元サラが派遣会社を通じてやってきたのはブロックチェーンを主な事業とする会社。ITにも疎く、ブロックチェーンの「ぶ」の字も分からないサラは、 ...


IOT


IIJ、IoTデータをウェブで管理、個人向けに

日本経済新聞

インターネットイニシアティブ(IIJ)は11日、あらゆるものがネットにつながるIoTのデータをウェブ上でまとめて管理できる個人向けサービスを始めたと発表した。


コクヨ、勉強時間を可視化する“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」発売

ITmedia

コクヨは7月11日、市販の鉛筆に取り付けると勉強時間を可視化できる“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」を17日に直販サイトで発売すると発表した。内蔵する ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:32| 千葉 ☀| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする