2019年07月29日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(6)


The mechanism behind proof of work was a breakthrough in the space because it simultaneously solved two problems. First, it provided a simple and moderately effective consensus algorithm, allowing nodes in the network to collectively agree on a set of canonical updates to the state of the Bitcoin ledger. Second, it provided a mechanism for allowing free entry into the consensus process, solving the political problem of deciding who gets to influence the consensus, while simultaneously preventing Sybil attacks.
仕事の証明の背後のメカニズムはその空間で突破口でした。何故なら、それが同時に2つの問題を解決したからです。第一に、それは、単純な、そして適度に有効な合意アルゴリズムを提供しました。そして、回線網のノードがビットコイン元帳の状態への一組の規準的な更新に同意することを可能にしました。第二に、それは、自由な参加登録者が合意プロセスに入るのを可能にするメカニズムを提供しました。そして、誰が意見一致に影響を与えることができるか決める政治問題を解決して、他方同時に sybil攻撃を防ぎます。

 It does this by substituting a formal barrier to participation, such as the requirement to be registered as a unique entity on a particular list, with an economic barrier - the weight of a single node in the consensus voting process is directly proportional to the computing power that the node brings. Since then, an alternative  approach has been proposed called proof of stake, calculating the weight of a node as being proportional to its currency holdings and not computational resources; the discussion of the relative merits of the two approaches is beyond the scope of this paper but it should be noted that both approaches can be
 それは、経済のバリヤで、特定のリストに関してユニークな実体として登録される必要のような、参加に正式のバリヤを代用することによって、これを行います − 合意投票処理での一つのノードの重みは直接ノードがもたらす計算能力に比例しています。 その時から、代わりのアプローチは、計算リソースではなく、その通貨保有に比例しているとして、ノードの重みを計算して、掛け金の証明と呼ばれて提案されました; 2つのアプローチの相対的な長所の議論はこの論文の有効範囲を越えていますが、しかし両方のアプローチがそうであり得ることは指摘されるべきです。

Here is a blog post from Vitalik Buterin, the founder of Ethereum, on Ethereum pre-history. Here is another blog post with more history.
ここにイーサリアムの創設者、Vitalik Buterin氏からの イーサリアム先史についてのブログの投稿があります。 ここにもう1つ別のさらなる歴史を持ったブログ投稿があります。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:30| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190729

今日の先端技術情報20190729

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ePUB


APL、日本語書記技術WG報告書を公開 〜 W3CでのCSSやEPUB規格に日本語組版要件を適切に反映 ...

HON.jp News Blog (ブログ)

これは、EPUB 3の規格策定に大きな影響があった JLreq(Requirements for Japanese Text Layout)を、電子化における優先順位の観点で記述し直す ...

IOT

NTT Com、IoTプラットフォーム「Things Cloud」でSigfoxとの接続に対応

クラウド Watch

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は8日、IoTの導入をノンプログラミングで簡単・短期間で実現できるIoTプラットフォーム「Things Cloud」 ...


KDDI、IoTセンサーで富士山の天気や駐車場の混雑を見える

トラベル Watch

静岡県御殿場市、静岡県小山町、KDDI、KDDI総合研究所は、7月10日〜9月10日の富士山の開山期間中に、IoT技術を活用して登山者向けに気象情報や駐 ...


ブロックチェーン


ブロックチェーン技術を使った未来の個人情報システム、デジタルIDとは?

FINTIDE (プレスリリース) (ブログ)

仮想通貨取引所のバイナンスは仮想通貨やブロックチェーン技術に関する普及活動を「バイナンスアカデミー(BINANCE ACADEMY)」を通じて行っているが、 ...


ブロックチェーンのウィークポイントと超えるべき3つの壁

新電力ネット (プレスリリース)

ブロックチェーンの素晴らしい可能性や最新事例を紹介してきました。しかし、ブロックチェーンも万能ではありません。インターネット以来の大変革と期待される中、 ...


日本のブロックチェーン企業が、円建てのステーブルコインとして、世界トップ10不動産テックソリューション ...

PR TIMES (プレスリリース)

先日台湾で行われたアジアブロックチェーンサミットでは、ツバイスペース代表の亀田が不動産のトークナイゼーションや、信託、AIアプリなどについての基調講演 ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:23| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする