2019年07月22日

Infuraが イーサリアムインフラストラクチャー秘密の武器である理由(5)


Infura’s modular scaling solutions unlock essential network capacity for any project that is or expects to be pushing large amounts of traffic through the Ethereum Network. “With an ever-growing blockchain, keeping a local node synced and up to date has traditionally presented challenges that typically relate to a combination of storage, bandwidth and memory usage,” says Cocchiaro. “Additionally, ICOs and other high-traffic dapps have concerns of scaling, sometimes transient, sometimes more permanent, which are not easily solved with local infrastructure.”
Infura のモジュール式の拡大縮小ソリューションはあるがまま、あるいは大量のトラッフィックを イーサリアム回線網を通して押しつけていることを期待するどんなプロジェクトのためにでも不可欠な回線網容量をアンロックします。 「常に成長しているブロックチェーンで、ローカルノードを同期されていて、更新させておくことは伝統的に典型的に記憶装置、帯域幅とメモリ使用の結合体に関連しているチャレンジを提供してきました」と コチャロ氏が言います。 「さらに、ICOと他の高トラッフィクの dapps は、ローカルなインフラストラクチャーで容易に解決されない拡大縮小や時々過渡的、時々いっそう常置に懸念があります。」

The range of projects that utilize Infura’s network is broad. For example, MetaMask uses Infura with a zero-client approach, connecting to Infura’s remote infrastructure in order to serve over one million installed users. Some projects − like Mist and Status − are working towards utilizing a hybrid approach that relies on Infura’s remote nodes in moments of network stress. In cases where scale is the main concern, like that of CryptoKitties,Infura worked together with developers across the ecosystemto keep the network running smoothly.
Infura の回線網を利用するプロジェクトの範囲は広いです。 例えば、 MetaMask はゼロ クライアント アプローチで Infura を使い、 100万を超えるインストールされたユーザーに仕えるために Infura のリモートインフラストラクチャーに接続します。 若干のプロジェクトは−MistとStatusのように−回線網ストレスの瞬間で Infura のリモートノードに頼るハイブリッドの方法を利用しようと努めています。 拡大縮小が CryptoKitties のそれのような主な関心であるケースで、回線網を順調に走らせておくためにInfura はエコシステムにまたがり開発者と一緒に取り組みました -。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:43| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190722

今日の先端技術情報20190722

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

AI関連発明の特許出願状況を調査しました

経済産業省 (プレスリリース)

特許庁は、近年注目されているAIArtificial Intelligence;人工知能)関連発明の特許出願について、国内外の状況を調査しました。


ロボット×AIの領域がブルーオーシャンである理由

Newsweekjapan

ロボット×AIの領域は、これから最も大きな可能性を秘めている領域、ブルーオーシャンだと言われる。ブルーオーシャンとは、血で血を洗う過当競争のレッド ...

IOT


90日で成果を出す! 製造現場へのIoT導入を3フェーズで実践

@IT MONOist

IoT活用に対する期待が高まっているが、「何から始めたらよいのか分からない」と壁に直面する製造現場は少なくない。そこで重要なのは「できること」と「できない ...


IoTの本格導入が進まない理由は“2つの課題”があるからだ

ビジネス+IT

製造業や流通業、建設業などさまざまな業種・業界の企業がIoTシステムを構築し、新しいビジネスを展開し始めている。IoTステムを実装するためには、さまざま ...


ブロックチェーン


電力各社によるブロックチェーン活用が進む

自社 (風刺記事) (プレスリリース)

電力会社によるブロックチェーン業界への参入や技術を活用した実装実験が増えている。 2019年6月30日、中部電力株式会社は、取引内容を暗号化する分散 ...


国内最大級仮想通貨・ブロックチェーンメディアCoinPost、新プロジェクト「NODEE」7月1日(月)より運用 ...

PR TIMES (プレスリリース)

投機的な関心が高かった2017年から2年、金融とテクノロジー、またビジネス領域への活用が模索されるブロックチェーン技術を取り巻く情報ニーズは日々高まっ ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:35| 千葉 🌁| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする