2019年07月11日

はい、倫理はブロックチェーンプロジェクト設計にとって重要(3)


  1. Non-Instrumentalism: Never design technology in which people are merely a part of the machine.
    非工具主義:決して人々が単なる機械の一部に過ぎない技術を設計しないこと。
  2. Self-Determination: Maximise the freedom of those affected by your design.
    自己決定:あなたの設計によって影響を受けている人々の自由を最大にすること。
  3. Responsibility: Anticipate and design for all possible uses.
    責任:すべて可能な利用のために、予測して、設計すること。
  4. Net Benefit: Maximise good, minimise bad.
    ネット利益:良いことを最大に、悪いことを最小にすること。
  5.  Fairness: Treat like cases in a like manner; different cases differently.
    公正:同様のケースは同様の方法で;異なるケースは異なるように扱うこと
  6.  Accessibility: Design to include the most vulnerable user.
    アクセシビリティ:最も脆弱な利用者を含めて考える設計をすること。
  7. Purpose: Design with honesty, clarity and fitness of purpose.
    目的:誠実さや、明瞭度や目的の適合性のある設計をすること。

The obvious question is this: Why should anyone designing a blockchain project care about any of this? There are three reasons − one moral, two pragmatic.
明白な問題はこうです:ブロックチェーンプロジェクトを設計している誰かがなぜこのいずれかのことを気にかけるべきですか? 3つの理由があります−一つはモラル、残りの2つは、実利的な理由です。

The first is that if there’s any sense in talking about moral right and wrong, it kind of follows that you should want to do the right thing, and that this should motivate you to learn better ways to think about making these decisions. In my experience talking university students in STEM and business areas, this is not super-convincing and has the primary effect of causing a great deal of sighing and eye-rolling. So I don’t expect this to get much traction by itself.

まず、最初は、もし道義的な善悪について話をすることにおいて意味があるなら、あなたが正しいことをすることを望むべきであり、そしてこれがあなたにこれらの決定をすることについて考えるもっと良い方法を学ぶ動機を与えるはずであることが続きます。 私の経験でSTEMやビジネスエリアで大学生の話をすると、これは超説得力がなくて、非常に多くのため息や、目が回ることを起こす主な効果を持っています。 それで私はこれがそれ自身で多くのけん引力があることを期待しません。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:09| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190711

今日の先端技術情報20190711

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT


【マインドコマース調査報告】IoT(モノのインターネット)の機器管理市場:消費者、企業、産業、政府行政用 ...

エキサイトニュース

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「IoT(モノの ... 様々な産業垂直市場にわたるIoT機器管理ソリューションのビジネスチャンスと ...


スマホと連携、「IoT」で未来派ヘルメット Gloture

日本経済新聞

ECサイト運営などを手がけるスタートアップ、Gloture(東京・港)はあらゆるモノがネットにつながる「IoT機能を搭載したヘルメット「LIVALL」シリーズを発売した。

AI


スマホで撮影するだけ。AIでメーター目視確認から台帳記入まで自動化する「hakaru.ai

Ledge.ai

hakaru.aiは、メーターをスマホで撮影するだけで、読み取り→集計→台帳記録の一連の流れを自動化できるサービスだ。使うにはアプリのインストールが必要 ...


「天才プログラマー」が挑む“誰でも使えるAI

日経クロストレンド

あらゆる人がAI(人工知能)を使いこなし、使っていることさえ意識しなくなる──。本連載の3人目は、そんな社会を目指すギリア社長の清水亮氏。かつて情報処理 ...


ブロックチェーン

ブロックチェーンとバイオメトリックで観光客を識別 カナダ・オランダ政府がアクセンチュアと提携

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

コンサルティング企業のアクセンチュアは、ブロックチェーンを活用して観光客を識別するサービスを展開することで、カナダとオランダの政府、航空会社らと契約を ...


金融サービスのブロックチェーン技術 「ニーズにあわせて現実的な改善が必要」=専門家らが議論

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

金融サービスにおける未来のブロックチェーンは、ニーズにあわせて変更できるものである必要がある。専門家らが6月18日、ロンドンで開催されたカンファレンス「 ...


=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:02| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする