2019年06月27日

ソリデイテイで最初の 貴方のイーサリアム スマート契約を構築−チュートリアル(30)


You’ll see from the code above that we assigned both functions the modifier public. Since Solidity knows two kinds of function calls (internal ones that do not create an actual EVM call − also called a “message call” − and external ones that do), there are four types of visibilities for functions and state variables. Functions can be specified as being external, public, internal or private, the default is public. Aside from the fact that Remix will throw a warning message stating that no visibility is specified and it’s defaulting to public, typing out the function visibility is a good habit to get into. It will allow us to better understand the contract settings when evaluating our code.

あなたは上記のコードから我々が両方の関数に修飾子 公共を割り当てたのを見るでしょう。 ソリデイテイが2種類の関数コール(実際の EVM コール− 同じく「メッセージコール」と呼ばれる−のを作成しない内部のものと作成する外部のコール)を知っているから、関数と状態変数のための4つのタイプの可視性 があります。 関数は、外部、公開、内部あるいは私的であるものとして指定されます。デフォルトは公開です。その事実は別としてそのリミックスは可視性が指定されないと述べている警告メッセージを投げ出すでしょう。そして、公開をデフォルトとしています。 関数の可視性を打ち出すことは、始める良い習慣です。それは我々が、我々のコードを評価するとき、もっと良く契約設定を理解することを可能にするでしょう。

We’re getting close, but not quite there. Our state variable can change depending on the function we call, but we need a function that will output the value of counter. Try creating a function called “getCounter()” that will return counter. This will be aread only action, so we need to tell our function that we’ll be returning a constant. Additionally, when returning a state variable we must tell our function the type that is being returned, in this case we’re returning a uint256 as discussed earlier.

我々は近づいていますが、それほどでもありません。 我々の状態変数は我々が呼び出す関数によって変化することができます、しかし我々は カウンター の値を出力するであろう関数を必要とします。 カウンターを戻すであろう「getCounter ()」と呼ばれる関数を作ってしてください。これは読み取りオンリーの動きでしょう、それで我々は我々の関数に我々が定数を返しているであろうと告げる必要があります。 さらに、状態変数を返すとき、我々は返されているタイプを我々の関数に告げなければなりません。 以前に論じたように、、この場合我々が uint256 を返しています。

pragma solidity ^0.4.16;

contract HelloWorld {
 
 uint256 counter = 5; //state variable we assigned earlier

 function add() public {  //increases counter by 1
  counter++;
 }
 
 function subtract() public { //decreases counter by 1
  counter--;
 }

function getCounter() public constant returns (uint256) {
  return counter;
    }
}

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:11| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190627

今日の先端技術情報20190627

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨

景気後退懸念が高まる中、仮想通貨ビットコインと金はどっちが有望な逃避先?トレーダーが議論

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

米中貿易戦争が収まる気配のない中、FRB(米連邦準備理事会)の利下げ観測からドル安が進行し金価格は上昇。既報の通り、ビットコインも先月に60%以上の ...


スマートアプリ、アプリ「GO! WALLET」で仮想通貨の報酬還元型広告サービスを開始【フィスコ・アルト ...

みんなの仮想通貨

WALLET(ゴーウォレット)」にて、DAppsゲーム・サービスでの仮想通貨の利用に応じてクリプトバック(成功報酬として仮想通貨が還元)される新しい報酬還元型 ...

ブロックチェーン

ブロックチェーンプラットフォーム「ネオ」、金融に最適とうたうコンセンサスアルゴリズム最新版「dBFT 2.0 ...

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

中国拠点のブロックチェーンプラットフォーム「ネオ(Neo)」が、独自コンセンサスアルゴリズムの最新版として、「dBFT 2.0(デリゲーテッド・ビザンチン・フォールト・ ...


仮想通貨ウォレットに直接ビットコイン送れるメールサービス。エジプト企業がサービス開始

コインデスク・ジャパン

... のアドバイザー、そしてZKキャピタルの創業パートナーでもあるMohamed・Elkasstawi氏は、エジプトの失業率が高い水準にあることは、ブロックチェーン領域の ...


AI

  
ロボットに触覚を与える「AI手袋」 MITが開発

Forbes JAPAN

MITコンピュータ科学・人工知能研究所が、映像データから学習する「AI手袋システム」を開発した。「STAG」(Scalable Tactile Glove)と名付けられており、実際の ...


将棋AI開発のHEROZが空間制御システムを竹中工務店と共同開発へ

TechCrunch Japan

HEROZは6月5日、同社が開発したAI「HEROZ Kishin」を利用した空間制御システム「Archiphilia Engine」(アーキフィリア・エンジン)を、竹中工務店と共同開発 ...

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:06| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする