2019年05月08日

暗号経済が道理に適うこと(17)

暗号経済が道理に適うこと(17)

テーマ:

Secondly, we should expect that there will be cryptoeconomic consensus protocols that do not rely on a literal chain of blocks. Obviously, such a technology would have something in common with blockchain technology as we call it today, but labelling them blockchains would be inaccurate. Again, the relevant organizing concept is whether such a protocol is the product of cryptoeconomics, not whether it is a blockchain.
第二に、我々はブロックの文字通りのチェーンに頼らない 暗号経済合意プロトコルがあると思うべきです。 明らかに、このような技術は、我々が今日ブロックチェーン呼ぶように、ブロックチェーン技術と共通する何かを持っているでしょう、しかし、それらに ブロックチェーンというラベルをはることは不正確でしょう。 再び、適切な編成概念はこのようなプロトコルが、それがブロックチェーンであるかどうかではなく、 暗号経済の産物であるかどうかです。

The ICO craze has also focused attention on this distinction, though few have articulated it clearly.Manypeopleindependentlyidentifiedthat one of the strongest signs of a token’s value is whether it forms a necessary component of the application to which it is connected. To put this in clearer terms, the question should be: is the token part of a necessary cryptoeconomic mechanism in the application? Understanding the mechanism design of a project holding an ICO is an essential tool in determining that token’s utility and likely value.
ほとんどがはっきりとそれを明瞭に表現しなかったけれども、 ICO 熱狂的流行は同じくこの区別に注目しました。 多くの人々が独立してトークンの価値の最も強い兆候の1つはそれが接続しているアプリケーションの必要なコンポーネントをそれが構成するかどうかであることを特定しました。 これをいっそう明確な用語でいうと、質問は次のことであるべきです:必要な 暗号経済メカニズムのトークンの部分はアプリケーションにありますか? ICOを持っているプロジェクトのメカニズム設計を理解することはそのトークンの効用と、ありそうな価値を決定することにおける必須なツールです。

In the past years, we’ve moved from thinking about this new field solely through the lens of one application (bitcoin), to thinking about it in terms of one underlying technology (blockchains). What needs to happen now is to step back once again and view this industry in terms of a unifying approach to solving problems: cryptoeconomics.
これまでの数年で、我々は、1つのアプリケーション(ビットコイン)のレンズを通して、単にこの新しい分野について考えることから1つの基礎をなしている技術(blockchains)に関してそれについて考えることに移行しました。 今起きる必要があることはもう一度後退して、問題(暗号経済)を解決することへの統一のアプローチに関してこの産業を見ることです。

Thanks to Jeff Coleman, Ethan Wilding, and Vlad Zamfir for their comments on an earlier draft of this article.
この記事のより以前の草案についての彼らのコメントに対しジェフ・コールマン、イーサン ワイルデイングとブラッド ザミールに感謝します。

Blockchain
ブロックチェーン

Ethereum
イーサリアム

Bitcoin
ビットコイン

Cryptoeconomics
暗号経済

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:40| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190507

今日の先端技術情報20190507

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


フランスは仮想通貨の欧州拠点になれるか?(4/16)

仮想通貨羅針盤

ロイターの報道で、フランスのルメール経済・財務相は自国の仮想通貨に対する規制の枠組みを欧州連合に提案したいと述べたことが明らかになりました。



仮想通貨の投げ銭、トークンエコノミーの普及で世の中はどう変わるか

金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE

仮想通貨やブロックチェーンの可能性に惹かれて投資をしている方や、ブロックチェーン・仮想通貨ビジネスに携わっていく方などのご参考となれば幸いです。

 

ブロックチェーン

発電所をサイバー攻撃から守るブロックチェーン米エネルギー省の試験が第2フェーズに

コインデスク・ジャパン

米エネルギー省は発電所をターゲットにしたサイバー攻撃を阻止する手段として、ブロックチェーンの活用を検討している。 エネルギー省(DOE)傘下のナショナル・ ...


ブロックチェーンによる電力の厳密な制御と管理は再エネ化した未来のインフラに必須

仮想通貨 Watch

ブロックチェーン総合スクール「FLOCブロックチェーン大学校」を運営する株式会社FLOCは4月11日、東京・丸の内vacansにてFLOC特別セミナー「ブロック ...

AI


AI inside のDX Suite がAI-OCR市場シェアNo.1を獲得

www.fnn.jp

AI inside 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡久地 択、以下「当社」)が提供するAI-OCR「DX Suite」は、株式会社富士キメラ総研(以下、 ...


制御なきAIに潜む"差別的な判定"のリスク

エキサイトニュース

だが、「AIは生身の人間のような倫理観や常識を持ち合わせていない」(ドワンゴ人工知能研究所の山川宏所長)ため、倫理指針が必要になっている。指針に沿っ ...

.

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:34| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする