2019年05月07日

暗号経済が道理に適うこと(16)

暗号経済が道理に適うこと(16)

テーマ:

For instance, “permissioned” blockchains that are centrally managed and do not use proof-of-work have been a source of constant controversy since they were first proposed. This area of work is often referred to as “distributed ledger technology” and is focused on financial and enterprise use cases.Many partisans of blockchain technology dislike them − they may be blockchains in the literal sense, but there is something about them that feels wrong. They seem to reject the thing that many people see as the whole point of blockchain technology: being able to produce consensus without relying on a central party or traditional financial systems.
例えば、中央に管理されて、「仕事の証明を」使わない「認可された」 ブロックチェーンはそれらが最初に提案されたときから、(今まで)絶え間がない論争の源でした。 仕事のこのエリアはしばしば「分散元帳技術」と呼ばれて、金融そして企業のユースケースに焦点が合わせられます。 ブロックチェーン技術の多くのパルチザンはそれらが嫌いです。 − それらは文字通りの意味で ブロックチェーンであるかもしれませんが、しかしそれらについての良くないように感じる何かがあります。 彼らは多くの人々が見るものをブロックチェーン技術のポイント全体として拒絶するように思われます:それは、中央部隊あるいは伝統的な財政システムに頼らないで意見一致を作り出すことが可能です。

A cleaner way to make this distinction is between blockchains that are products of cryptoeconomics and blockchains that are not. Blockchains that are simply distributed ledgers and do not rely on cryptoeconomic design to produce consensus or align incentives might be useful for some applications. But they are distinct from blockchains whose whole purpose is to use cryptography and economic incentives to produce consensus that could not exist before, like bitcoin and ethereum. These are two different technologies, and the clearest way of distinguishing between them is whether or not they are products of cryptoeconomics.
この区別をするもっと明確方法は暗号経済の産物であるブロックチェーンとそうでない ブロックチェーンの間にあります。 まったく分散元帳であって、そして意見一致を作り出すため、あるいは誘因を一列に並べるために 暗号経済設計に依存しないブロックチェーンは若干のアプリケーションに役立つかもしれません。 けれどもそれらはビットコインと イーサリアムのように、前に存在することができなかったその全目的が暗号経済と経済的誘因を意見一致をみるために使うことである ブロックチェーンと異なっています。 これらは2つの異なった技術です、そしてそれらを識別する最も明確な方法はそれらが 暗号経済の産物であるかどうかです。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 15:38| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190506

今日の先端技術情報20190506

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


フランスの仮想通貨に対する革新的な試み(4/15)

仮想通貨羅針盤

仮想通貨市場は上昇しています。12時時点で過去24時間と比較するとビットコインは2.09%、イーサリアムは3.3%、リップルは0.65%の上昇となっています。


マネーフォワードが仮想通貨事業撤退を決めた理由

日経ビジネス電子版

マネーフォワードは4月15日、仮想通貨事業への参入を断念することを明らかにした。同日に開催される2019年11月期第1四半期決算発表の記者会見後、18時 ...

 

IOT

トイレ個室の利用分析IoTサービス、月額で利用可能に

@IT MONOist

MAGLAB、シブタニ、ウイングアーク1stは2019年3月20日、メンテナンス不要のトイレ個室利用分析IoTモノのインターネット)ソリューション「AirSTATUS for ...


工場向けIoTで成長を描くYE DIGITAL、エンジニアリング系AIで差別化

@IT MONOist

デジタル変革の動きに合わせIoTやAIなどのデジタル技術を中心とした企業としての立ち位置を明確化した。新社名に変更後の2019年度(2020年2月期)〜2021 ...

AI

 
AI考案の新スポーツ「Speedgate」発表。400競技を教えたニューラルネットワークが生成

Engadget 日本版

Speedgateは初めて、AIによってなにもない状態から作り上げられたスポーツです。この競技は6人制で、専用ボールがない場合はラグビーの練習用ボールを使用 ...


日本がAIで勝つために「知の爆縮」を起こす 技術は成熟し、コモディティ化する

Ledge.ai

2018年6月、日本ディープラーニング協会(以下JDLA)の理事で、AIベンチャーの元代表取締役社長 佐藤 聡氏が新しい会社を起業したというニュースが飛び込ん ...

.

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 15:33| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする