2019年05月01日

暗号経済が道理に適うこと(11)

暗号経済が道理に適うこと(11)

テーマ:

Example 2: Cryptoeconomic application design
例2: Cryptoeconomic アプリケーション設計

Once we have solved the fundamental problem of blockchain consensus, we are able to build applications that sit “on top” of a blockchain like ethereum. The underlying blockchain gives us (1) a unit of value that can be used to create incentives and penalties, and (2) a toolkit with which we can design conditional logic in the form of “smart contract code.” The applications we build with these tools can also be a product of cryptoeconomic design.
我々がいったんブロックチェーンコンセンサスの基礎的問題を解決すると、我々はイーサリアムのようにブロックチェーンについて「トップに」置かれているアプリケーションを作ることが可能です。 基礎をなしているブロックチェーンは我々に(1)報奨とペナルティーを作成するために使われることができる値の単位と(2)「スマートな契約コード」のかたちで条件付きのロジックを設計することができるツールキットを我々に与えます。 我々がこれらのツールで構築するアプリケーションは同じく 暗号経済設計の産物であり得ます。

For instance, the prediction marketAugurrequires cryptoeconomic mechanisms in order to function. Using its native token REP, Augur creates asystem of incentivesthat rewards users for reporting the “truth” to the application, which is then used to settle bets in the prediction market. This is the innovation that makes a decentralized prediction market possible. Another prediction market,Gnosis, uses a similar method, though also lets users specify other mechanisms for determining true outcomes (commonly called “oracles”).
例えば、予報マーケットAugurは機能するために 暗号経済メカニズムを必要とします。 そのネイティブの名ばかりの REP を使って、前兆がそれから予報マーケットで賭け金の支払いをするために使われる「真」をアプリケーションに報告することに対してユーザーに報酬を与える誘因のシステムを創造します。 これは分散した予報市場を可能にする革新です。 もう1つの予報市場、 Gnosis が類似の方法を使います、しかし同じくユーザーに、(一般に「神託」と呼ばれる)本当の結果を決定することに対して、他のメカニズムを指定させます。

==================================================
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:51| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190501

今日の先端技術情報20190501

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

ブロックチェーン活用 及び腰の日本、前のめりの新興国

日経クロストレンド

アジア、中欧、アフリカなどの新興国を中心に、ブロックチェーンを金融にとどまらず、あらゆる産業、あるいは国の行政サービスに展開。先進国が上位を独占して ...


大手財務幹部の大半「ブロックチェーン技術は最優先ではない」KPMG調査|「強化されたスプレッドシート ...

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

四大監査事務所」の1つでオランダに本拠を置く監査法人KPMGによると、ほとんどの財務関係の幹部らはブロックチェーン技術の採用を検討していない。

 

AI


ソフトバンク、AI掃除ロボWhizを3000施設無料貸出し「AI Clean 元年」キャンペーン開始

Engadget 日本版

ソフトバンクロボティクスは10日、AI掃除ロボット「Whiz(ウィズ)」の本格販売を開始します。アクティオ、大塚商会、ダスキンなど8社の販売パートナーとの提携を ...


プログラミング不要のAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」がローンチ

SalesZine(セールスジン)

MatrixFlowは2019年4月10日よりクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」のβ版をリリース。統計学やプログラミングなどの知識を必要とすることなく、 ...


仮想通貨

タイとミャンマーの中央銀 仮想通貨イーサリアム基盤の国際送金システムを導入

Investing.com 日本

タイ国営クルンタイ銀行およびミャンマー連邦シュエ銀行の2つの中央銀行の総裁が、ブロックチェーン開発企業エベレックスが開発した仮想通貨 ...


ConsenSys設立者が「世界的な決済レイヤー」として仮想通貨イーサリアムの優位性を主張する理由

株式会社CoinPost

Lubin氏は今回の登壇で複数の仮想通貨プロジェクトに対してもやや批判的な発言をしたが、真意としては包括的な金融システムを望んでいるスタンスと見られて ...

=======================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:46| 千葉 ☔| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする