1.     Foreseeing the collapse.
崩壊を予知する

There are so many predictions of the collapse of the American financial system. Even billionaires already say this openly. Let’s say that it will not happen. But if it happens, we will not go back to the existing world order. Such events in retrospect are called Black Swans. Nobody thought that the Second World War will happen, that the Internet will appear, that Trump will become a President. But in retrospect, all these events are obvious, and have a rational explanation. The collapse of the Fiat system would be the same. If the American economy collapses, the world will literally be in chaos. Our history in this regard is even more interesting because if the US economy collapses, other economies collapse even more. The mortgage crisis of 2008 proved this clearly. But it didn’t teach anything.
アメリカの金融システム崩壊の予言がそれほど多くあります。 億万長者さえ公然とすでにこれを言います。 それが起きないであろうとしましょう。 けれどももしそれが起きるなら、我々は既存の世界秩序に戻らないでしょう。振り返ってみると、このようなイベントはブラックスワンと呼ばれます。 誰も第2次世界大戦が起きるであろうとは思わなかった。インターネットが現われるであろうと思わなかった。トランプが大統領になるであろうと思いませんでした。 けれども振り返ってみて、これらすべてのイベントは明白であって、そして合理的な説明を持ちます。 フィアットシステムの崩壊は同じであったでしょう。 もしアメリカの経済が失敗するなら、世界は文字通りに無秩序となるでしょう。もし米国の経済が失敗するなら、他の経済がさらにもっと失敗するから、我々の歴史は、この点に関してさらにいっそう興味深いです。 2008年の担保ローン危機ははっきりとこれを証明しました。 けれどもそれは何も教えませんでした。

What’s surprising here? How this bubble can burst if there is no alternative? For some reasons no one admits the idea that an alternative to the сurrent outdated system is already there. Which is great! That suggests that a Black Swan is not such an unlikely event. In the case that a negative event has at least some probability, smart financiers are recommended to hedge risks. Let’s guess, what’s the alternative?

何がここで驚くべきですか? もし代替がないなら、どれほど、このバブルは破裂する可能性がありますか? 若干の理由で誰も現在の旧式のシステムへの代替がすでにそこにあるという考えを認めません。 それは素晴らしいです! それはブラックスワンがこのようなありそうもない出来事ではないことを示唆します。 否定的な出来事が少なくとも若干の蓋然性を持っているという場合で、頭が良い金融業者はヘッジリスクに推薦されます。 推測しましょう、代替は何ですか?

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================