2019年03月22日

今日の先端術情報20190322

今日の先端術情報20190322

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


仮想通貨週報 上昇直後の急落でもみあい入りか(3月第1週)

仮想通貨羅針盤

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間で気になった ...


仮想通貨リップル(XRP)が急上昇した「3つの理由」を考察、ビットコインにも追い風|仮想通貨市況

株式会社CoinPost

個人投資家を中心に割安銘柄が物色されている株式市場では、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株にも資金が流入し始めており、今春以降の仮想通貨セクターへ ...


IOT

企業がIoTを導入する際に活用できるチェックシートを改訂(JSSEC)

Yahoo!ニュース

一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は2月28日、「IoTセキュリティチェックシート 第二版」を公開した。同チェックシートは、一般企業がIoT ...


住宅IoT化の覇権争い、激変する勢力図

日経テクノロジーオンライン

スマートホーム(IoT住宅)を巡る勢力図は、2019年に大きく変わりそうだ。18年1月から19年2月末の間に発表・公表されたニュースリリースや展示会などの情報を ...

AI


金融業界におけるロボットとAIの活用事例

The Medical AI TImes (プレスリリース)

ロボットとAIartificial intelligence、人工知能)は、セルフサービスバンキングを牽引し、次なる金融ビッグバンを引き起こすと見られている。業務管理にロボットを ...


Brexit後のGDPR対応でAIが活躍

WirelessWire News

英政府はBrexitの正式な開始をなんとか延長しようとしていますが、「合意なき離脱」となった場合に発生するデータ関連の契約書の見直しや改定は、企業にとって ...

=======================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:22| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分散元帳技術対ブロックチェーン(31)


The Road Ahead
この先の道

In order to have a robust enough platform that can interact with public markets, the system must be able to satisfy business requirements that allow for efficient processing of data, additional layers of trust allocation, and an ability to represent assets in a developing digital economy. It is apparent that all three platforms aim to achieve similar goals though through different avenues in terms of technological advancements and utilization of technical configurations.

公開マーケットと相互作用することができる十分強靭なプラットホームを持つために、そのシステムはデータや、信頼割当ての追加の層、そして発展しているデジタル経済で資産を表す能力を効率的に処理することを考慮に入れるビジネス要件を満たすことができなければなりません。 すべての3つのプラットホームが技術的な進歩と技術的構成の利用に関して異なった道を通ってけれども類似のゴールを達成することを目指すことは明白です。

In the road ahead, we must consider where we see economic business models evolving in this developing ecosystem, and it is apparent that Ethereum based platforms have an advantage on the true integration into a digital economy, though have apparent weaknesses in some of the data transaction throughput functions that IBM Fabric and R3 Corda can excel in. As different blockchain and distributed ledger platforms are iterated upon and transcend beyond the capabilities that exist in our current technologicalzeitgeist, decisions around which platform to use to build upon will fall heavily upon the direction of the use cases in our ecosystem, and I see different types of use cases layered upon each other.

この先の道で、我々は我々がどこで経済ビジネスモデルがこの発展しているエコシステムで進化しているのを見るか考慮すべきで、 イーサリアムベースのプラットホームは、デジタル経済に本当の統合上に利点を持っているが、IBMファブリックと R3 Corda が卓越している可能性のあるデータ取引き処理能力機能の若干で明白な弱点を持つことは明白です。 異なったブロックチェーンと分散元帳プラットホームが繰り返され、我々の現在の技術的な 時代精神に存在する能力をしのぐので、構築するためにどのプラットホームを使うべきかの決定は我々のエコシステムのユースケースの方向にひどく圧し掛かるでしょう、そして私は異なったタイプのユースケースがお互いの上に重ねられるのを見ます。


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:15| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする