2019年03月21日

分散元帳技術対ブロックチェーン(30)


Because Ethereum is meant to act as an underlying protocol similar to HTTP or TCP/IP in web services, there is no conception of “vendor lock in” to just one builder of Ethereum applications. The trust that can be established via the different facets of the Ethereum blockchain allow for the digitization of global assets that can occur within a new economic system unlike what is currently available. If referring back to the email example, the Ethereum protocol can be perceived as analogous to IMAP or POP3 as universal protocols for accessing email.

イーサリアはウェブサービスで HTTP あるいは伝送制御プロトコル/インターネットプロトコルに類似している基礎をなしている通信プロトコールの役割を果たすことを意図されているから、イーサリアムアプリケーションの単に一つの構築者に「ベンダーロックイン」の概念がありません。 イーサリアムブロックチェーンの異なった側面によって確証されることができる信頼は現在入手可能なものと異なり、新しい経済システムの中で起こることができる世界的な資産のデジタル化を考慮に入れます。 もしEメール例を参照するなら、Ethereum 通信プロトコールは、電子メールにアクセスするための普遍的なプロトコルのようなIMAPあるいはPOP3に類似していると認知されることができます。

Ethereum and Ethereum derived protocols are able to act as a blockchain infrastructure upon which companies can build digital assets. Similar to how every company was able to create a website in the late 90’s using HTML for the scaffolding of the web page, every company will be able to create digital economies for their services and products using Ethereum smart contracts that can create tokens which will be accessible by a broader network.

イーサリアムと イーサリアム派生のプロトコルは、その上に会社がデジタルの資産を築くことができるブロックチェーンインフラストラクチャーの役割を果たすことが可能です。 すべての会社がウェブページの足場のために HTML を使って90代後期にウェブサイトを作成することが可能であった方法に類似していて、より広範囲の回線網でアクセスできるであろうトークンを作ることができる イーサリアムスマート契約を使ってすべての会社がそれらのサービスと製品のためにデジタル経済を作ることが可能でしょう。


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:55| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする