2019年03月13日

分散元帳技術対ブロックチェーン(23)


Why is cryptoeconomic mechanism design necessary?
暗号経済機構設計はなぜ必要か?

One may ask why a cryptoeconomic infrastructure layer is necessary in software design. What this paradigm creates is a new layer of trust and immutability that can exist within a computing environment without relying on a centralized entity. We have been building software in a particular client server and database architecture for decades. Companies like IBM, Intel, and Oracle have already perfected this model along with the systems and subsystems that were created subsequent to the initial creation, and these models are still being used within distributed system architectures as well as newly labeled distributed ledger systems. Though these systems are still centralized in various aspects, whether through a central entity or a cartel-like consortium structure in which incentives are aligned based on inherent reliance on a centralized entity as opposed to a genuine incentive structure to ensure the proper functioning of the system.

人は暗号経済インフラストラクチャー層がなぜソフトウエア設計で必要であるか尋ねるかもしれません。 このパラダイムが作り出すものは集中型エンティティに頼らないで計算状況の中で存在することができる信頼と 不変性の新しい層です。 我々は(今まで)特定のクライアント・サーバやデータベースアーキテクチャでソフトウエアを何十年間も作ってきました。 IBM、インテルとオラクルのような会社がすでに最初の作成にひき続き作成されたシステムとサブシステムとともにこの型式を完成していて、これらのモデルは分散元帳システムというラベルをはられて、新たなものと同様、分散システム・アーキテクチャの中でまだ使われています。 これらのシステムは、中央エンティティかカルテルのようなコンソーシアム構造を通してか否かにかかわらず、様々な局面でまだ中央集権化されているけれども、そこでは動機づけがシステムの適切な機能を保証するための本物の奨励構造に反するので中央集権化されたエンティティへの固有の依存に基づいて提携させられます。

Figure 6: Client Server Model

図6:クライアント・サーバ - 型式

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:20| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端術情報20190313

今日の先端術情報20190313

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

「米国AI構想」に本当に必要なもの

TechCrunch Japan

このたび大統領によって署名された米国AI構想(American AI Initiative)は、概念的なレベルでは、正しい方向に向かっているように見える。革新的なAI ...



面倒な検証作業もAIで!多言語AIチャットボット「ObotAI」の新機能 Validation(検証)機能でレポートの ...

PR TIMES (プレスリリース)

多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社MARIANA OCEAN(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:北見好拡)は、多言語AIチャットボット「ObotAI( ...

仮想通貨


ビットコイン・仮想通貨は「5年後に法定通貨を時代遅れにする」|米著名VC投資家Draper氏

株式会社CoinPost

ビットコインなどの仮想通貨へ数百万ドル規模で投資していることで知られる米著名ベンチャー資本家Tim Draper(ドレーパー氏)は18日、米番組「FOXビジネス」 ...


「米国に仮想通貨の自主規制機関を」 米規制機関CFTCの幹部が提案

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

米商品先物取引委員会(CFTC)のブライアン・クインテンツ委員は、仮想通貨業界の参加者による自主規制機関を構築するべきだと提案した。2月12日に超党派 ...

IOT


波紋を呼ぶ政府のIoT機器“侵入調査”「NOTICE」が本日開始。本当の問題は何か?

BUSINESS INSIDER JAPAN

総務省が主導し、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が実施する、ネットにつながったIoT機器に「侵入」して適切なセキュリティー対策が行われているか ...


簡易データ計測サービス「ekul」のIoTネットワーク「Sigfox」を活用した新プラン「ekul lite」開始について

PR TIMES (プレスリリース)

近年、少子高齢化や人手不足、環境・エネルギー問題などの社会的課題に対する解決策として、IoT用が注目されており、よりシンプルに、より安く、IoT導入を ...

=======================================================

 

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:11| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする