Database Coordination: Conclusion
データベース整合:結論

A viable conclusion regarding the database coordination spectrum of capabilities would be that IBM has superior database management toolsets due to a reliance on traditional database and distributed systems software architecture, based on the overall monolithic design and substantially resource intensive process that went into building Fabric. R3 Corda is still further defining its capabilities, while offering several coordination services to banks and financial institutions in a private reconfiguration of nuances from the bitcoin protocol. Ethereum, while designed for public chain compatibility, does not have the raw database processing capabilities of IBM Fabric, though it does have certain coordination schematics within the context of scalability for enterprise use cases that Fabric does not have.

能力のデータベース整合スペクトルに関しての実行可能な結論は、ファブリック構築に入っていく全体的な画一的な設計と十分に情報資源集中的なプロセスに基づいて、伝統的なデータベースと分散処理システムソフトウエアアーキテクチャへの依存のためにIBMが優れたデータベース管理ツールセットを持っているということでしょう。 R3 Corda は、まださらにその能力を定義しています。一方でビットコインプロトコールからニュアンスの私的再構成で銀行や金融機関にいくつかの整合サービスを提供します。またファブリックが持っていない企業ユースケースのために規模拡張性の脈絡の中のある特定の整合概略図を持っているけれども、 イーサリアムは、公共チェーンの互換性ために設計されている一方で、IBMファブリックの手を生のデータベース処理能力を持っていません。

Private instantiations of Ethereum and complementary clients are able to act as the architectural building blocks upon which larger systems can be built, based on modular design that adheres to a comparatively unix-based philosophy. The Ethereum related code bases are designed to rival the transaction throughput capabilities of the database platforms like Fabric while allowing functionality that is nonexistent in both Corda and Fabric, though complementary relationships can also be explored across platforms. The main differentiating factors may be further elucidated from assessments of the subsequent factors.

イーサリアムと補足的なクライアントの私的なインスタンス化は比較的 unix ベースの原理に固執するモジューラ設計に基づいて、その上により大きいシステムが構築することができるアーキテクチャビルでイングブロックとしての役割を果たすことが可能です。 補足的な関係が同じくプラットホーム全体にまたがり調査可能であるけれども、 イーサリアム関連の符号ベースは Corda とファブリック両方で実在しない機能を可能にする一方で、ファブリックのようなデータベースプラットホームの取引き処理情報能量の能力に匹敵するよう設計されます。 主な差別化要因は次の要因の評価からさらにはっきりさせられるかもしれません。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================