2019年03月01日

分散元帳技術対ブロックチェーン(11)


R3 Corda
R3 コルダ

R3 Cordais built on an environment that does not claim to a blockchain, but rather a decentralized database that utilizes various forms of structural reconfiguration toward building a system that would primarily be used by banks and other institutions for their processes. The platform borrows heavily from the UTXO model used in bitcoin transactions where state is defined by a series of inputs and outputs and the varying reconfigurations of the inputs can dictate the state of the output.

R3 コルダ は、ブロックチェーンに、しかしどちらかと言えば、主に銀行と他の公共施設によって彼らのプロセスのために使われるであろうシステムを構築することに、さまざまな形の構造的な再構成を利用する分散データベースを要求しない状況に作られます。 そのプラットホームは状態が一連のインプットとアウトプットによって定義されるビットコイン取引で使われる UTXOモデルからかなり借りています。そして、インプットのさまざまな機器再構成が出力の状態を規定することができます。

The R3 Corda architectural framework relies upon a nodal structure that is reliant on submodules called notaries that help maintain the validity of a network similar to validator structures in other platforms that abstract the function of consensus. Nodes are accompanied by relational databases that are appended within the data-structures allowing for querying using SQL. Transaction communication is restricted within subprotocols called flows.

R3 コルダのアーキテクチャの枠組みは同意の業務を抽象化する他のプラットホームで評価構造に類似している回線網の妥当性を維持する助けとなる公証人と呼ばれるサブモジュールに依存しているノードの構造に依存します。 ノードは、質問することに対して、 SQL を使うことを許しているデータ構造の中で追加される関係データベースを伴います。 取引きのコミュニケーションは流れと呼ばれるサブプロトコル内に限定されます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:55| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする