Achieving Business Goals of Blockchain
ブロックチェーンへのビジネスゴール達成

In order to achieve the mentioned business goals of the blockchain, we must assess the various avenues that need to be serviced. In an overview of the chart detailing capabilities of the mentioned models, Ethereum is able to service the Distributed Database Coordination scenario as well as the additional functions while R3 Corda and IBM Fabric have not yet chosen to touch upon those layers of functionality.

ブロックチェーンの言及されたビジネスゴールを達成するために、我々はサービスを提供される必要がある種々の道を評価しなくてはなりません。 線図の概観で言及されたモデルの能力を詳述する図の外観で、 イーサリアムは、 R3 Corda とIBMファブリックがまだそれらの機能層に簡単に触れるためにこれまで選ばれてこなかった一方で、付加機能と同様、分散データベース整合シナリオにサービスする可能性があります。

In the context of business use-cases, we overlay the different functionalities discussed on top of real world business scenarios to better understand the capabilities of the platforms.
ビジネスのユースケースという文脈で、我々はもっと良くプラットホームの能力を理解するために実世界のビジネスのシナリオ上で論じられる異なった機能性を上塗りします。

Figure 7: Summary of Capabilities
図7:能力のまとめ

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================