Immutable/trusted record of the products and transactions
製品と取引の不変の/信頼できる記録

The original thesis around why we need blockchains revolved around the concept of digitizing trust. A theme promoted by Andrew Keys of ConsenSys is that “As the internet resulted in a digitization of information, blockchains result in the digitization of trust and agreements.” This meaningful thesis embodies the ethos of what blockchains hope to achieve while also paving the way for a further path. The additional variable would be the digitization of value. When value is attached to the trust that is implemented into a system, then certain alignment structures and incentive mechanisms will influence and incentivize proper behaviors within a system, resulting in a robust platform.
我々が、なぜブロックチェーンを必要とするかについての独創的な命題はデジタル化の信頼の概念を中心題目にしました。 ConsenSys のアンドリューのキーによって促進されたテーマは「インターネットが情報のデジタル化をもたらにつれて、ブロックチェーンが信頼と合意のデジタル化をもたらします」ということです。 この有意義な命題は ブロックチェーンが、同じくさらなる通路への道をならしている一方で、何を達成することを望むかについてのエトスを具体化します。 追加の変数は 価値のデジタル化でしょう。価値がシステムに実行される信用に置かれるとき、その時ある特定の調整構造と奨励メカニズムが、強靭なプラットホームをもたらして、システム内で適切な行動に影響を与えて、奨励するでしょう。

It is often the case that immutability is used synonymously with trust when designing a systemi.e.because the system is immutable, it is trusted that bad things will not go unpunished. Though in our platform protocol assessment, it is important to also assess the mechanisms behind how a trusted system is implemented to ensure a business model that can be beneficial to users of a platform (further exploration through cryptoeconomics).
不変性が、システムを設計するとき同じ意味で信頼とともに使われることはしばしば本当です、 すなわち、システムが不変であるから、良くないことが処罰されないことないであろうことは確信されます。 我々のプラットホーム通信プロトコール評価で、プラットホームのユーザー(暗号経済を通してのさらなる探究)に有益であり得るビジネスモデルを保証するために信頼されるシステムが実行される方法の背後に同じくメカニズムを評価することは重要です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================