2018年12月20日

イーサリアム開発のウォークスルー(7)


The code
符号

Now, onto the coding, first of all, the base of a Solidity script is the following snippet, thepragmadirective to tell the compiler which version of Solidity we are using, and the name of our contract, a similar structure to a class in Javascript. Here it’s “Wrestling”.
今、コードすることに、まず第一に、ソリディティスクリプトの基礎は我々がどのソリディティのバージョンを使っているか、そして我々の契約の名前、ジャバスクリプトでのクラスへの類似の構造をコンパイラーに教えるための次の断片、プラグマ指令です。ここでそれは「レスリング」です。

We want two wrestlers, so we will add two variables that hold the address of their accounts (Public keys of their wallets).
我々は2人のレスラーを必要とし、それで我々は彼らのアカウント(彼らの札入れの公開キー)の番地を持つ2つの変数を加えるでしょう。

In our little game, in each round, the wrestlers will be able to put in a sum of money, and if one put in double the money of the other(in total), he will win.
我々の小さいゲームで、それぞれ一回りで、レスラーはある額の金を投入することが可能でしょう、そしてもし1人が(全部で)他の人のお金を2倍投入したなら、彼は勝つでしょう。

One important thing about the public/private keywords is, even though, a variable is private, it doesn’t mean that someone couldn’t read its content, it just means that it can be accessed only inside the contract, but in reality, since the whole blockchain is stored on a lot of computers, theinformationthat is stored inside the variable could always be seen by others, and that represents the first security consideration that you should keep in mind.

公開/私的キーワードについての1つの重要なことが存在します、けれども、変数が私的で、それは誰かがその内容を読むことができなかったことを意味しない、それはただそれがただ契約の中にアクセスされることができる、しかし実際は、ブロックチェーン全体が多くのコンピュータ、 ? インフォメーションにストアされますから、変数の中に蓄積される情報が常に他のものによって見られたことを意味し、そしてそれはあなたが念頭におくべきである最初のセキュリティーの考察を表します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 05:48| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする