2018年12月10日

先端技術今日の話題20181210

先端技術今日の話題20181210

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨

ステーブルコイン取引量が最大400%へ増加、仮想通貨市場全体の下落が影響

株式会社CoinPost

ビットコイン、イーサリアム、EOSなどの仮想通貨が急落した11月14日から15日にかけ、USD Coinを含む一部のステーブルコインの24時間取引量が200%以上 ...


東大生が運営する仮想通貨メディア「CoinOtaku」とは?

日刊SPA!

東大生を中心に集まったメンバーが仮想通貨について分析し、さまざまな角度 ... 仮想通貨をテーマにしたのは、世の中に情報商材まがいの詐欺サイトが多すぎ ...


AI

乙武洋匡、聖火ランナーを目指す!? AI技術を駆使したロボット義足

ハーバー・ビジネス・オンライン

たとえば、何かをAIが認識して掴むにしても、不特定の物ではなかなか難しいのだとか。しかし、スマホならスマホだけを認識して掴むことは可能だという。似た事例 ...


大阪万博、AI、EVなど「技術革新力」が支持獲得の鍵

産経ニュース

英国が日本を支持する背景には、人工知能(AI)や電気自動車(EV)、自動運転など技術革新をめぐる競争が激化する中、高い技術を持つ日本と協力を深めたい ...

ブロックチェーン


小売業 ブロックチェーンの OSA DC がネスレと提携を発表

PR TIMES (プレスリリース)

ブロックチェーンには実経済界の課題解決を行うためのアプリケーションが必要で、仮想通貨業界は、実経済界と仮想通貨業界のギャップを埋めていくために ...


あいおいニッセイ同和損保など、ブロックチェーン技術を利用したスマートコントラクト保険の実証実験実施

保険市場タイムズ

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と株式会社シーエーシー(CAC)およびソラミツ株式会社の三社は11月15日、ブロックチェーン技術「Hyperledger Iroha」 ...

.

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:26| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックとコルダの比較(11)


All DLTs feature smart contracts in the sense of smart contract code that can be written in Go or Java for Fabric[xi], in Solidity[xii]for Ethereum and in Java or Kotlin for Corda[xiii]. In Fabric, the term “chaincode” is used as a synonym for smart contract. As an illustrative example, the reader is reminded of the usage of a smart contract code in the consensus mechanism of Corda in order to ensure transaction validity. However, there is a notable difference between Fabric and Ethereum on the one hand and Corda on the other that is connected to the second way the “smart contracts” term is used.
すべてのDLTはファブリック[xi]のためにGoあるいは Javaで 、Ethereum のためのSolidity[xii]で、 Corda [xiii]のための Java あるいは Kotlin で書くことが可能なスマートな契約コードという意味でスマートな契約を優れた特徴とします。ファブリックで、「chaincode」という用語がスマートな契約のために同義語として使用されます。 説明する例として、読者は取引妥当性を保証するために Corda の合意機構の中でスマートな契約コードの利用法を思い出させられます。 しかしながら、方やファブリックやイーサリアムと、「スマートな契約」の用語が使われる2番目の道に接続している他方の コルダの間に顕著な相違があります。

In Corda, smart contracts not only consist of code but additionally are allowed to contain legal prose. Thus above smart legal contracts are legal prose that are formulated in a way that they can be expressed and implemented in smart contract code. The rationale behind this is to give the code legitimacy that is rooted in the associated legal prose. Such a construct is called Ricardian Contract[xiv]. At this point, it again becomes clear that Corda was explicitly designed to account for the highly regulated environment of the financial services industry. Both Fabric and Ethereum lack this feature.
コルダで、スマートな契約は、コードで成り立つだけではなく、さらに法律上の文を含むことを可能にしています。 それで上記のスマートな法的契約はそれらが表現されて、スマートな契約コードに実装可能方法で定式化される法律上の文です。 これの背後の理論的根拠はコードに関連づけられた法律上の文に根ざしている正当性を与えるはずです。 このような属性は リカルディアン契約[xiv]と呼ばれます。 この時点で、 コルダが明示的に金融サービス産業の大いに規律正しい環境を占めるよう意図されたことが再び明確になります。 ファブリックと イーサリアム両方がこの特徴に欠けます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする