Smart contracts
スマート契約

The term “smart contract” causes considerable misunderstanding when first encountered as it evokes the idea of some sort of contract that intelligently acts on one’s behalf. The contract’s nature, however, remains vague, but intuitively appears to be linked to legal matters. That said, focal contracts are neither smart in the sense that they are e.g. driven by artificial intelligence, at least not yet, nor do they generally encode obligations and rights that are legally binding. Clark and colleagues[x]provide a useful terminology by highlighting two different ways the term “smart contracts” is commonly used. The first refers tosmart contract code, the second tosmart legal contracts, two distinctions that prove to be beneficial in the context of this comparison.

それが自分の代理として聰明に作用するある種の契約の考えを呼び起こすから、最初に遭遇するとき、「スマート契約」という用語はかなりの誤解の元になります。しかしながら、 契約の性質は、曖昧なままですが、直感的に法的な問題に関連づけられるように思われます。 それはそうとして、それらが例えば、少なくともまだですが、人工知能によって駆動させれるという意味で、焦点の契約はまた、スマートではなく、同様にそれらは一般に法的拘束力がある義務と権利をコード化しません。 クラークと同僚[x]は、用語「スマート契約」が共通で使われる2つの異なった方法を強調することによって、有用な用語法を提供します。 最初がスマートな契約コード、2番目がスマートな法的な契約、この比較という環境で有益であることが分かる2つの違いに言及します。

Smart contract code simply denotes software written in a programming language. It acts as a software agent or delegate of the party that employed it with the intention that it fulfills certain obligations, exercises rights and may take control of assets within a distributed ledger in an automated way. Thus, it takes on tasks and responsibilities in the distributed ledger world by executing code that models or emulates contract logic in the real world, though its legal justification may be unclear.

スマート契約コードは、単にプログラム言語で書かれたソフトウェアを意味します。 それはソフトウェアエージェントあるいはそれがある特定の義務を果たすという意図でそれを使った取引相手の代表の役を務めて、権利を行使して、自動化された方法で分散元帳内で資産の制御をするかもしれません。 それで、その法律上の正当である根拠が不明確であるかもしれないけれども、それは実世界の契約論理をモデル化するか、あるいはエミュレートするコード化を実行することによって、分散元帳世界でタスクと責任を引き受けます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================