2018年12月04日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(5)


In contrast to Ethereum, Fabric’s and Corda’s interpretation of consensus is more refined and does not merely boil down to mining based on PoW or a derivative thereof. Due to operating in a permissioned mode, Fabric and Corda provide a more fine-grained access control to records and thus enhance privacy. Furthermore, a gain in performance is achieved as only parties taking part in a transaction have to reach consensus.

イーサリアムと対照的に、ファブリックとコルダの合意の解釈は、いっそう洗練されていて、そして単にPOWあるいはその派生物に基づいて採掘することに煮詰まりません。 許可方式で稼働するために、ファブリックと コルダがレコードにいっそうきめが細かいアクセス制御を提供して、それで守秘権を強化します。 さらに、単に処理に参加している関係者だけが合意に達しなければならないから、性能での増大が達成されます。

Fabric.Fabric’s understanding of consensus is broad and encompasses the whole transaction flow, starting from proposing a transaction to the network to committing it to the ledger.[vi]Furthermore, nodes assume different roles and tasks in the process of reaching consensus. This contrasts to Ethereum where roles and tasks of nodes participating in reaching consensus are identical.

ファブリック– ファブリックの合意の理解は広範囲であって、ネットワークに取引を提案することから始まって、それを帳簿に記録をゆだねることまで取引フロー全体をカバーします。[ vi ] さらに、ノードが、合意に達する過程で、異なった役割とタスクを想定します。これは合意に達することに参加しているノードの役割と仕事が同一である イーサリアムと対照的です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:36| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181204

先端技術今日の話題20181204

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン


大企業のブロックチェーン・仮想通貨の導入、既存のITインフラの置き換えが必要に=専門家らが議論

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

業界の専門家たちは、ブロックチェーンとデジタル通貨の採用促進のために、金融機関は既存の社内ITインフラを置き換える必要があるだろうと述べている。


イーサリアムのジョセフ・ルービン氏、ブロックチェーンの発展はウェブよりも「少し時間がかかる ...

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

イーサリアムの共同創業者で、ブロックチェーン企業コンセンシス創業者でもある、ジョセフ・ルービン氏がドイツの報道機関t3nのインタビューに答え、ブロック ...


ビッグデータ

スパースモデリングはなぜ生まれたか? 代表的なアルゴリズム「LASSO」の登場

CodeZine(コードジン)

2010年代初頭にバズワードにまでなったビッグデータ今では当時の過熱ぶりはなくなり、ハードウェアやクラウド環境の充実とともに活用が広がっています


【NEXT100teXLab協創プロジェクト第2弾】商店街・観光地スマート化プロジェクトを発足

PR TIMES (プレスリリース)

今年7月、当社が運営する店舗向けソリューション「ストアウォッチ」とPOPCHATは、大手家電量販店において、ビッグデータの解析技術の活用に向けた実証実験 ...

AI

グーグルのAIで600万枚の報道写真をデジタル化--NYTの取り組み

CNET Japan

The New York Times(NYT)はGoogleの人工知能(AIを利用して、およそ600万枚の写真からなる歴史的アーカイブをデジタルデータに変換し、同紙の歴史特集 ...


AI時代の発想術】「軍事AI

zakzak

世界中の誰もが知る通り、アメリカは軍事大国だ。その根幹となる軍事兵器は現在、核ミサイルに代表されるスーパーウエポン(武器)ではなく、軍事用AIになろう ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:30| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする