2018年12月03日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(4)


Consensus
合意

Ethereum.With Ethereum, all participants have to reach consensus over the order of all transactions that have taken place, irrespectively of whether a participant has taken part in a particular transaction or not. The order of the transactions is crucial for the consistent state of the ledger. If a definitive order of transactions cannot be established there is a chance that double-spends might have occurred, that is, two parallel transactions transfer the same coin to different recipients, thus making money out of thin air. As the network might involve mutually distrusting and anonymous parties, a consensus mechanism has to be employed that protects the ledger against fraudulent or adverse participants that attempt double-spends. In the current implementation of Ethereum, this mechanism is established by mining based on the proof-of-work (PoW) scheme. All participants have to agree upon a common ledger and all participants have access to all entries ever recorded. The consequences are that PoW unfavorably affects the performance of transactions processing.[v]Concerning the data stored on the ledger, even though records are anonymized, they are nevertheless accessible to all participants, which is problematic for applications that require a higher degree of privacy.
イーサリアム. イーサリアムで、すべての参加者はすべての取引の秩序の上に、参加者が特定の処理に参加したかどうかにかかわらず、行なわれた合意に達しなければなりません。 取引の順番は帳簿の一貫した状態にとって極めて重要です。 取引の決定的な順番がそこで確立できるかどうかどうかは二重にお金を費やす可能性が起こるかもしれないということ、すなわち、2つの平行した取引が、同じコインを異なった受信者に移します。それで、いずれからともなく金をもうけます。 ネットワークが相互に信用しない匿名のパーティーに関係するので、合意メカニズムは、二重支払いを試みる詐欺か、あるいは不利な参加者に対して帳簿を守るために使うのを必要とするかもしれない。 イーサリアムの現在の実装で、この機構は、「仕事の証明」(POW)方式に基づいて採掘することによって、確立されます。 すべての参加者は共通の帳簿について合意しなければなりません、そしてすべての参与者は今までに記録されたすべての登録へのアクセスを持っています。 結果はそのPOWが都合悪く取引処理の性能に影響を与えるということです。[v] 帳簿に蓄積されたデータに関して、記録は匿名化されているが、それでも、すべての参与者がアクセスできます。そのことは、どちらがより高度の守秘権を必要とするアプリケーションにとって問題です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:47| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181203

先端技術今日の話題20181203

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ビッグデータ


中国のAI関連市場が急拡大 投資や政府支援、スピード感は世界最高の環境に

ニフティニュース

17年の投資は画像・音声認識、ビッグデータディープラーニングに集中。18年は有力企業を中心に国有・民間ファンドなどさらなる投資が活性化していることから、 ...


【萬物相】惨めな韓国AI

朝鮮日報

AIの競争力を左右する中心的な資産が、ビッグデータだ。中国は13億の人口が吐き出す恐るべき量のビッグデータを持っているが、韓国はその20分の1にも ...


仮想通貨

Ripple(リップル) / $XRPが仮想通貨でローンを組めるサービス「CRED」で新たに対応通貨として追加!

CRYPTO TIMES

仮想通貨を担保に米ドル建てのローンを受けることができるサービスである「CRED」が、対応通貨として新たにリップル(XRP)を追加することを発表しました。


大企業のブロックチェーン・仮想通貨の導入、既存のITインフラの置き換えが必要に=専門家らが議論

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

報道によると、ブロックチェーン技術の商業分野への影響をテーマにエジンバラで開催されたカンファレンス「スコットチェーン18」で、仮想通貨に重点を置く ...

AI

AIとIoT駆使 ここまで来た養殖技術

日本経済新聞

国内水産大手は人工知能(AI)などを活用した養殖業に挑み、スタートアップ企業も台頭。だが、世界には超効率経営で先を行くグローバル企業も存在する。


AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?

TechTargetジャパン

先進国のほとんどが今、働き方や社会・経済運営の変革を目指してAI戦略の策定を進めている。だが、機械学習は70年ほど前から存在していたにもかかわらず、 ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:40| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする