2018年11月28日

賭け金の証明とは何か?(7)

賭け金の証明とは何か?(7)

テーマ:

Coin Age based selection
コイン時代ベースの選択

The coin age based system selects the next forger based on the ‘coin age’ of the stake the potential forger has put up. Coin age is calculated by multiplying the number of days the cryptocurrency coins have been held as stake by the number of coins that are being staked. Coins must have been held for a minimum of 30 days before they can compete for a block. Users who have staked older and larger sets of coins have a greater chance of being assigned to forge the next block. Once a user has forged a block, their coin age is reset to zero and then they must wait at least 30 days again before they can sign another block. The user is assigned to forge the next block within a maximum period of 90 days, this prevents users with very old and large stakes from dominating the blockchain thereby making the network more secure. Because a forger’s chance of success goes up the longer they fail to create a block, forgers can expect to create blocks more regularly. This mechanism promotes a healthy, decentralized forging community. Peercoin is a proof-of-stake system based cryptocurrency which uses the coin age selection process combined with the randomized selection method. Peercoin’s developers claim that this makes a malicious attack on the network more difficult, since purchasing more than half of the coins is likely costlier than acquiring 51% of proof-of-work hashing power.
コイン年齢ベースのシステムは次の鋳造者を、可能性がある鋳造者が掲示した掛け金の「コイン年齢」に基づいて選びます。 コイン年齢が、暗号通貨コインが賭け金として保持された日数に賭けられているコインの数を掛けることによって、計算されます。コインは、 彼らがブロックを求めて競争することができる前に最低30日間は、保持されなければなりません。 コインのもっと古い、そしてより大きいセットを賭けたユーザーが次のブロックを作り出すことを割り当てられるより大きいチャンスを持っています。 いったん利用者がブロックを作り出すと、彼らのコイン年齢は零になりま、そして次に、彼らがもう1つのブロックに署名することができる前に、彼らは再び少なくとも30日待たなくてはなりません。 利用者は最大90日の期間内に次のブロックを作り出すことを割り当てられ、これはネットワークをいっそう安全にして非常に古い、大きい掛け金を持っているユーザーがブロックチェーンを独占するのを阻止します。 彼らが長くブロックを作り損ねると、それだけ鋳造者の成功のチャンスが上がるから、鋳造者がいっそう規則的にブロックを作ることを期待することができます。 このメカニズムは健全な、分散鋳造共同体を促進します。 Peercoin は無作為抽出選択方式と組み合わせられるコイン年齢選択プロセスを使う「掛け金の証明」システムベースの暗号通貨です。 Peercoin のデベロッパーは、コインの半分以上を購入することは「仕事の証明」ハッシュ力の51%を獲得するより多分高価ですから、これがネットワークに関する悪意がある攻撃をいっそう困難にすると主張します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:25| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181128

先端技術今日の話題20181128

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ビッグデータ

準備で「8割」? “ビッグデータの末路”から日本を救うには

ビジネス+IT

我々はIoTなどによりビッグデータに囲まれて生活することが当たり前になった。数年前に比べて、データの重要性への理解や活用へのモチベーションが上がった ...


AI時代に対応できない「日本企業の体質」 11カ国1300のCEO調査から読み解く

Forbes JAPAN

KPMGジャパンの酒井弘行CEOが、データを読み解く。調査データ ... 2つ目は、日本ではソーシャルデータを含めたビッグデータが企業間で共有されないことです。


仮想通貨

狙いは「仮想通貨獲得」 サイバー攻撃トレンド、ランサムウェアから変化

Beyond(ビヨンド)

不正アクセスによる情報流出、フィッシングによる詐欺被害、サイバー攻撃による仮想通貨(暗号通貨)窃盗など、サイバー犯罪関係のニュースが毎日のように流れ ...


  
Zaif流出、「わな」が奏功 犯人の送金経路を逆探知

朝日新聞

大手仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」で9月、約70億円分の仮想通貨が盗まれた事件で、セキュリティー専門家ら6人のホワイトハッカーのチームが極秘で ...

..

AI

EU、AIに倫理指針 人種や性別の差別防ぐ

日本経済新聞

欧州連合(EU)は、人工知能(AI)の倫理指針を策定する。有識者会議の原案が明らかになった。企業にAIの判断過程をわかりやすく説明させるなどの内容 ...


MITが「AI物理学者」開発、複雑な架空世界で物理法則を導き出す

MITテクノロジーレビュー

学習によって物理法則を見つけ出す人工知能(AIシステムが登場したとはいえ、現実世界のさまざまな煩雑な詳細から必要な情報だけに注目して物理法則を ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:10| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする