2018年11月12日

中国とブロックチェーン技術:入門(9)


The message to the rest of the worldmayhave seemed clear − that China was not interested in facilitating the growth of a blockchain market. Yet in May of 2018, just two months after the implementation of the full embargo, a government institute released a comprehensive “rating” of cryptocurrencies, determining “winners” in categories ranging from security to adaptability. Of the top protocols analyzed, the Ethereum blockchain came out on top.
残りの世界へのメッセージは、明確に思われたかかもしれないがーその中国はブロックチェーン市場の成長を助長することに興味を持っていませんでした。 それでも2018年5月に、全面禁止の履行のちょうど2カ月後に、政府の研究所が、セキュリテイから適合性に及ぶカテゴリーで「勝利」を決定して、暗号通貨の包括的な「格付け」を発表しました。分析したトッププロトコルについて、 イーサリアム ブロックチェーンがトップに出て来ました。

A Mixed Message: NextSteps
入り混ざったメッセージ:次の ステップ

Chinese regulators, businesses, startups, and technologists may seem to be sending mixed messages to internal and external investors. Diving into the actions of Chinese governments, investors, and innovators since 2013, however, reveals a drastically different national approach towards blockchain technology. In between the highly-publicized bans, China has been investing an immense amount of time, resource, energy, and technical skill into promoting and developing blockchain technology. This series will explore in more detail a number of areas of the Chinese blockchain industry to piece apart those mixed messages and understand China’s approach to this nascent technology. The series will include future posts about the following topics:

中国規制当局、ビジネス、スタートアップと技術者が内外投資家に入り混ざったメッセージを送っているように思われるかもしれません。 中国政府の行動に飛び込んで、投資家と革新者が2013年から、しかしながら、ブロックチェーン技術に向かって劇的に異なった国家的アプローチを開示します。 大いに公表された禁止の間に、中国は、ブロックチェーン技術を奨励して、開発することに、(今まで)莫大な時間、天然資源、勢力と技能的熟練を投資してきていました。 このシリーズは、もっと多く分野のブロックチェーン産業詳述に探求し、それらのばらばらに混在するメッセージを、つなぎ合わせ、中国のこの発生期の技術へのアプローチを理解するでしょう。 そのシリーズは次のトピックについて未来の投稿を含むでしょう:

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:41| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181112

先端技術今日の話題20181112

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT


低消費電力のIoTトラッキングデバイス開発で協業

@IT MONOist

HEREのトラッキング/測位ソフトウェアとAltairのデュアルモードLTE Cat-M1/NB-IoTチップセット「ALT1250」を統合し、屋内外で使用できる低消費電力の ...


IoT重量計で在庫管理と自動発注、アマゾン出身の社長が開発…CEATEC 2018

レスポンス

日用品のネット通販価格比較サイトなどを手がけるスマートショッピング(本社・東京都品川区)は、「CEATEC JAPAN2018」に消耗品の在庫管理と自動発注を ...


ビッグデータ

中国政府のバックアップでビッグデータが一気に導入される芽台酒

ZDNet Japan

芽台は貴州省にあるが、貴州省自体が中国政府のビッグデータ産業重点地区になっている。そのため貴州省を代表する企業である芽台は、貴州省ないしは酒造 ...


個人データ預かる“情報銀行”、社会に根付くか

ニュースイッチ Newswitch

ビッグデータ(大量データ)は“21世紀の原油”とも称される。米グーグルなどの巨大プラットフォーマーは個人情報を含むビッグデータを収益の源泉として飛躍的な ...

仮想通貨


金融庁「匿名性が高い仮想通貨の取扱い」「倒産リスク」を補足説明

仮想通貨 Watch

本稿では、10月19日に開催された金融庁「仮想通貨交換業等に関する研究会」第7回のイベントレポート第3弾として、前回の討議「仮想通貨交換業者が行う業務 ...


投資メディアが報じた2019年の仮想通貨5大予想|機関投資家はビットコインよりXRP(リップル)を好む

株式会社CoinPost

特にファンダメンタル分析を行うと、2018年、仮想通貨ブロックチェーン界隈を騒がせている「浄化」を上手く生き残れた仮想通貨は、今後も恐ろしく上手くいくとした ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:31| 千葉 ☔| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする