2018年11月10日

中国とブロックチェーン技術:入門(7)


2017 and China’s Increase in Regulation
2017と中国の条例の増加

Predictably, bitcoin did not crash. No meltdown occurred, values stayed healthily in the triple digits, and investment continued to grow globally. It was volatile − certainly − but not subject to the catastrophe predicted of it. The Chinese government, however, had enforced one of the first regulatory measures on cryptocurrency from any government in the world. Not only was it early, it also severely impacted the global market. The idea that the Chinese government could influence the global market health with a simple regulation began painting an international image of China as not wanting the cryptocurrency to succeed because of the threat it could pose to incumbent financial institutions. Though China had set the stage for cryptocurrency regulation, it did not shy away from blockchain technology. Chinese officials, businesses, and innovators understood a key idea − that cryptocurrencies need blockchain, but that blockchain doesn’t need cryptocurrencies. Chinese innovators could study and experiment with blockchain technology without having to meddle with the financial uncertainty of cryptocurrencies. And so they did. Between (and beyond) 2013–2017, Chinese government branches, financial institutions, startups, and innovators invested heavily in blockchain technology, building a foundation for a blockchain-empowered future (these milestones will be explored in future posts in this series).

予想された通り、ビットコインがクラッシュしませんでした。 暴落は、起こりませんでした、値が3桁で健康的に留まり、そして投資が世界的規模で成長し続けました。 それは  −確かに−不安定でしたが、しかしその予測された破局には合いませんでした。 中国政府は、しかしながら、(すでに)世界中でどんな政府からでも暗号通貨についての最初の規制措置の1つを実施していました。 単に早かっただけではありません、それは同じくひどく国際マーケットに影響を与えました。 中国政府が単純な法令で国際マーケットの健康に影響を与えた可能性があるという考えは、それが現職の金融機関にもたらされる脅威で、暗号通貨が成功することを望まないとして、中国の国際的なイメージを色塗り始めました。 中国は、(すでに)暗号通貨法令のために舞台を設定していたけれども、それはブロックチェーン技術を怖がって避けませんでした。 中国の当局者、ビジネスと革新者は、暗号通貨がブロックチェーンを必要とするという−重要な考えを理解しましたが、しかし、そのブロックチェーンは暗号通貨を必要としません。 中国の革新者は、暗号通貨の金融の不明確に干渉することを必要としないでブロックチェーン技術を使って研究し、実験することができました。 そしてそれで彼らは実行しました。 2013年 − 2017年中に(そしてその後も)、中国政府部門、金融機関、スタートアップと革新者は、ブロックチェーンが権限を与えられる未来(これらのマイルストーンはこのシリーズの未来の投稿で探究されるでしょう)のために財団を作って、ブロックチェーン技術に大いに投資しました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:54| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181109

先端技術今日の話題20181109

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

日本初、外国人留学生向け3ヶ月のブロックチェーン教育プログラムが始動

外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア jopus

外国人のITエンジニア養成を目的とする奥多摩日本語学校(Bridge Institute of Technology-OKUTAMA)を運営する株式会社JELLYFISHと、ブロックチェーン ...


ビットコイン盗まれても泣き寝入りするしかない?「盗まれた仮想通貨が戻る可能性は20%」=ロイター

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

ブロックチェーンに取引を記録することで犯人の追跡を可能にするのが仮想通貨の大きな特徴の一つだが、実際はまだその役割を果たせていないケースが多い ...

AI


ぼくがかんがえた世界最強のAIをつくるために、アメリカに行ってきた : 情熱のミーム 清水亮

Engadget 日本版

僕がディープラーニングの魅力にとりつかれてからもう五年近く経つ。 短いようで長く濃密な時間だった。 ふと振り返ると、もう10歳くらいは歳をとったのではない ...


ファーウェイの考える「次世代教室」や「顔認証ゲート」--“実用化済み”の最先端AIを紹介

CNET Japan

日本ではスマートフォンの印象が強い同社だが、通信インフラやサーバ機器、IoTデバイス用のチップセットをワールドワイドに展開しているほか、AIへの取り組みも ...


仮想通貨

中国仮想通貨マイニング業者撤退の実態を中国大手メディアが報道

株式会社CoinPost

現在の仮想通貨相場が下落期にある中で、最新マシンの公開、マイニングシェアの拡大などで年初より急激にハッシュレートとディフィカルティは上昇の一途を ...


『非通貨のブロックチェーンが加速することに貢献したい』GMO社長インタビュー

株式会社CoinPost

自分自身、仮想通貨のことに関して随分勉強したんですけど、仮想通貨は「インターネットと同等かそれ以上のインパクトを与えうるテクノロジー」で、これは世の中 ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:45| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする