2018年11月09日

中国とブロックチェーン技術:入門(6)


There is a good case that the catalyst for strict Chinese regulation stemmed from the November 2013 GBL incident. GBL was a bitcoin trading platform claiming to be based in Hong Kong. The site attracted more than 1,000 Chinese investors after its launch in May 2013. On October 26, GBL vanished. The web address disappeared, the office address proved fake, and the server was found to be based in Beijing. The operators of the fake site had gotten away with $4.1 million worth of users’ funds.

厳しい中国の法令のための触媒が2013年11月の GBL 付帯権利から生じたという良い事例があります。 GBL は香港に本拠地を置くと主張するビットコイン取引きプラットフォームでした。 そのサイトは、2013年5月にその立ち上げ後に1,000人以上の中国の投資家を引き付けました。 10月26日に、 GBL は消滅しました。ウエブアドレスは見えなくなり、事務所の住所は偽物であると分かり、そしてそのサーバーは北京に本拠地を置くことが判明しました。 偽物のサイトの運用業者は(すでに)410万ドルの価値に相当するユーザーの資金を持ち逃げしていました。

The incident in Hong Kong (or Beijing) may have been enough to kick Chinese regulators into action in order to protect citizens from future scams in a still-unregulated market. On December 5, 2013, the People’s Bank of China (PBoC) issued a release stating that bitcoin was not a true currency. The statement warned financial institutions to stay away from the cryptocurrency and banned them from accepting bitcoin as payment. On December 16th, the PBoC officially banned third party payment companies from dealing with bitcoin exchanges. From a high of $1,200 in the beginning of December, bitcoin fell to below $600, validating the assumption that the Chinese crypto market heavily influenced the global market. News outlets heralded the “meltdown” of bitcoin,promising sub-$10 valuationsand admonishing investors to cut their losses.

香港(あるいは北京)での事件はまだ規制されていない販路で市民を未来の詐欺から守るために中国規制当局にその実行を始動させるのに十分であったかもしれません。 2013年12月5日に、中国人民銀行(PBoC)はそのビットコインが本当の貨幣ではなかったと述べている発表を行いました。その声明は金融機関に暗号通貨を避けるよう警告して、そして彼らがビットコインを報酬として受け入れることを禁止しました。 12月16日に、 PBoC は公式にサードパーティー支払い会社がビットコイン取引所と取り引きすることを禁止しました。中国の暗号通貨市場がひどく国際マーケットに影響を与えるとの仮定を正当であると確認して、ビットコインは、12月の初めに 1,200ドルであった高値から、600ドル以下に下落しました。 報道機関は、ビットコインの、「暴落」 、10ドル未満の評価見込みや投資家に損切するように警告することを予告しました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:25| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181108

先端技術今日の話題20181108

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

スポーツxブロックチェーン時代に突入 投げ銭コミュニティが始動

Forbes JAPAN

私たちは惜しみない声援と拍手を送るとともに、ブロックチェーン上で発行されたポイント(トークン)を選手やチームに贈ることができる。その時、ファンは自分の ...


サムスンやオランダの銀行など ブロックチェーン使ったコンテナ物流の試験運用を開始へ【アラート】

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

しかしブロックチェーンを使うことでこれらをまとめ「オンラインで本を注文するのと同じぐらい簡単」な物流システムの構築を目指すという(ロッテルダム港湾局の ...


AI

AI使い投信、膨大なデータから法則 実績これから

日本経済新聞

人工知能(AI)を使う投資信託、AI投信が増えている。企業の業績や株価の推移など膨大なデータを分析し、有望な投資先を選び出す。AIが人間には分からなかっ ...


ドコモ、AIの女子高生キャラが観光案内

日本経済新聞

NTTドコモは11月、成田空港などで人工知能(AIのキャラクターが多言語で観光地などを案内するサービスの実証実験を始める。女子高生風の3次元CG( ...

仮想通貨

Tech Crunch創業者が仮想通貨XRP(リップル)を絶賛

株式会社CoinPost

仮想通貨業界の部落主義がひどく横行しており、例えばビットコイン最大主義者などが挙げられる。 また、皆が皆XRPが劣っているとしているが、私には理解不能 ...


インド初の仮想通貨ATMを取引所が設置、中銀の禁止令回避し想通貨売買促進狙う

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

インド中央銀行による市中銀行への仮想通貨禁止令の規制下で、インド国民の仮想通貨売買促進に期待がかかる。タイムズ・オブ・インディアが20日伝えた。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:15| 千葉 ☔| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする