2018年11月06日

中国とブロックチェーン技術:入門(3)


Though China certainly has enacted restrictions, bans, and regulations on crypto-assets than other countries, it is far from the only country to have taken significant steps towards controlling the hype around the blockchain industry. South Korea banned all ICOs in September 2017, only a few weeks after China’s own ban. The US struggles with state-by-state regulation, some of which is quite strict, while the Federal government requires ICOs to be registered and licensed against current regulation, as if they were not ICOs. Companies launching ICOs must adhere to strict AML/KYC standards and any public endorsements by celebrities must be accompanied by compensation transparency. Indiarecently cracked downon cryptocurrencies, determining that by July 2018, banks and lenders will be restricted from doing business with companies or citizens trading in crypto-assets.
中国は、確かに他の国々より暗号-流動資産の制限、禁止と規制を制定したけれども、それはブロックチェーン産業の周りに誇大広告をコントロールすることへの重要な処置をとった唯一の国であるというのからは、ほど遠いです。 韓国は、中国自身の禁止のたった数週間後に、2017年9月にすべてのICOを禁止しました。 合衆国は州ごとの法令と戦い、そしてその若干は、非常に厳格です。一方ではそれらがICOではないかのように、連邦政府はICOに登録させて、現在の法令に反してライセンスを与えられるように要求しています。ICOを始動している会社は、厳しい AML / KYC 標準に固執しなくてはなりません、そして名士によるどんな公共の裏書でも補償の透明性が伴われなくてはなりません。 2018年7月までに、会社あるいは市民が暗号-流動資産を取引して、銀行と貸付会社が営業行為することから制約されるであろうと決定して、インドは、暗号通貨について最近断固たる処置を取りました 。

It is easy to quickly dismiss China as an “authoritarian government” opposed to technology that might undermine its influence. International news outlets are far too swift to draw the simplistic assumption that China’s one-party system is antithetical to the democratizing and decentralizing tenets of blockchain technology. In fact, it seems as though quite a bit of international sentiment has been defined by this binary − People’s Republic of China vs. decentralized blockchain. The reality of the government’s attitude towards blockchain technology, however, is far more complex. In between highly-publicized regulations, the country and government have proven immensely committed to driving blockchain innovation forward.
その影響を浸食するかもしれない技術に反対する「独裁政権」として性急に中国を捨て去ることは容易です。 国際ニュース代理店は中国の一党制度がそうである極端に単純化した専有がブロックチェーン技術の主義を民主化して、そして分散させることと対照的になるまで引くためにあまりにも利口です。 実際、相当の国際的な意見がこの バイナリー( 中華人民共和国対分散ブロックチェーン)によって定義されたかのように思われます。 ブロックチェーン技術に向かっての政府の態度の実体は、しかしながら、はるかにいっそう複雑です。 大いに公表された規則の間に、その国と政府は非常に前方へブロックチェーン革新を駆動させることを心掛けていることが分かりました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:19| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端技術今日の話題20181106

先端技術今日の話題20181106

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

「トークンエコノミーの未来へ!」中国でブロックチェーンコンテスト開催【アラート】

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

第三回中国ブロックチェーン技術とアプリケーションコンテストの予選が16日、中国の名門清華大学で行われた。今回は中国国内や海外のブロックチェーン技術 ...


3年以内に誰もがブロックチェーンの恩恵を受ける

JBpress

ブロックチェーンが世界を変える」ーーそう言われて久しい。 しかしその萌芽を感じとっている人は、まだまだ少ない。むしろ、ブロックチェーン技術の代表格とも ...


IOT

ソフトバンク、家電製品をIoT化する「Tuya Smart」を国内展開

Engadget 日本版

Tuya Smartは、様々な家電製品をIoT化する総合サービス。製品のIoT化に必要なウェブツールやモジュール、クラウド、アプリなどをワンストップで提供することを ...


ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加

ZDNet Japan

Armは米国時間10月15日、同社のIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムを拡充する一連の新たな提携を発表した。今回発表された提携により、顧客は同 ...

ビッグデータ

ビッグデータの理想と現実(7) プロファイリングに問題

日本経済新聞

ビッグデータの活用において、パーソナルデータは最も重要な対象であると同時に、ビッグデータが新たなパーソナルデータを作り出してもいます。従来はパーソナル ...


セラク、農業データ分析で収穫時期や収量、品質、病害虫などを予測

キーマンズネット

今回開始されるデータ分析サービスでは、同クラウドサービスによって取得・蓄積した圃場環境データ(農業ビッグデータ)を同社のデータサイエンティストが分析し、 ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:08| 千葉 🌁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする